本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.140
合金を製造し、調剤としてEUに輸出しています。本登録時に用途を申請することになりますが、具体的にどのような記述が必要となるのでしょうか? 弊社の製品は、EU内で鋳造されるので、直接の用途は鋳造用となります。鋳造品はさらにエンジン部品となり、最終的には自動車や飛行機に組み込まれます。この場合の用途とは、自動車や飛行機となるのでしょうか、それとも鋳造品となりますか? また上流の原材料メーカーに登録させる場合は、どのような用途を記述させる必要がありますか?

A.140

2009年にバージョンアップ(IUCLID5.1)されます。IUCLID5.1がリリースされるまでの、暫定的な登録方法のガイダンスが発表されていますが1)、そのガイダンスで説明されているIUCLID5.1での特定方法に従って説明します。
 なお、用途登録のIUCLID5からIUCLID5.1への変更の内容については、2008年8月29日のコラムも参照ください。

「用途」は4階層の記述子のピックリスト項目をチェックすることにより特定することになります。

4階層の記述子は、

  • Sector of Use(SU);SU0-1,SU0-2からSU23の25分類(該当する分類がない場合は、SU0-1またはSU0-2(その他)をチェック、NACEコードから該当する分類を選択して記入)
  • Product Category(PC);PC0からPC40の41分類(該当する製品分類がない場合は、PC0(その他)をチェック、テキスト記入)
  • Process Category(PROC);PROC0からPROC25の26分類(該当するプロセスがない場合は、PROC0(その他)を選択、テキスト記入)
  • Article Category(AC);意図的放出なしの場合;AC0からAC13-3の31分
    類意図的放出のある場合;AC30からAC39の10種類

となっています。

なお、記述子の詳細な説明は、「情報要求と化学品安全性評価のガイダンス」のR122)をご参照ください。

ご質問の合金については,それぞれの階層のリストから下記の項目を選択すれば、IUCLID5.1による用途が登録できると考えます。

  • SUについては、SU3の「Industrial Manufacturing (all)」
  • PCについては、PC7の「Base metals and alloys」
  • PROCについては、PROC0の「Other process」を選択して、「casting;鋳造」とテキスト入力
  • ACについては、AC1-1の「Passenger cars and motor cycles」、およびAC1-2の「Other vehicles: Railway, aircraft, vessels, boats, trucks, and associated transport equipment」。また、そのほかに該当するものがあれば、AC7-1の「 Metal products: cutlery, cooking utensils, pots, pans」、AC7-2の「 Metal products: toys」、AC -3の「Metal products: furniture」。さらに、これ以外の成形品があれば、AC0の「Other Articles」を選択して、具体的な成形品名をテキスト入力

また、利用を勧められない用途については、上記4階層の項目から該当する項目をチェック・テキスト入力します。

原料材料メーカーには、上記の情報を提供されることが必要と考えます。

1)http://iuclid.echa.europa.eu/download/
How_to_report_identified_uses_for_REACH_in_IUCLID_5.0_2008-07-04.pdf

2)http://guidance.echa.europa.eu/docs/guidance_document/
information_requirements_r12_en.pdf?vers=20_08_08

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ