ここが知りたいREACH規則

ここが知りたいREACH規則

EUの化学物質関連規則を統合するREACH規則について紹介

Q
2008年10月10日更新
Q.122 弊社は国内のセットメーカー向けのプレス部品、プラスチック成形部品、それらを組み合わせたユニット製品の製造および販売を行っております。弊社からEUを含めた国外への輸出は一切ありませんので、REACH規則に照らして私どもの義務としては、川下ユーザーへの情報提供のみと考えています。間違いないでしょうか。  また、弊社の川上業者には、めっき加工、塗装加工を行う業者も含まれますが、以下の3点について不明です。  ・めっき加工、塗装加工の場合、重量の分母はどう捉えるべきか。 ・この川上業者には、弊社への情報提供の義務はあるか。 ・めっき加工、塗装加工は、成形品、物質、調剤のいずれに当たるのか。

貴社製造のプレス部品、プラスチック成形部品およびユニット製品の納入先のセットメーカー製品がEUに輸出しているとして回答いたします。

REACH規則では貴社が製造しているユニット製品は成形品に該当します。
 貴社は自らがEUへ輸出していませんので、貴社の義務としては、川下ユーザーへの情報提供のみでよろしいと考えます。
 ご質問に対しては以下のように考えます。

1.めっき加工、塗装加工の場合、重量の分母の考え方
 現在、REACH規則では、重量比という場合は、成形品(製品)重量が分母とされます。
 貴社製品のプレス部品、プラスチック部品それぞれの重量が分母となります。また、納入先のセットメーカーの最終輸出製品の重量も分母となります。
 このことは、一般的に、部品段階よりも最終製品段階の方が、たとえば、もし、高懸念物質の含有量か一定である場合、含有濃度は部品段階に比べて最終製品の方が低くなってしまうということになります。

2.川上業者に情報提供の義務があるかどうか
 貴社は川中企業として、川下企業である大手セットメーカーからの情報提供要求を受けることと思います(材料への含有物質、めっき、塗装への含有化学物質など)。
 それらの要求に的確に対応するには、貴社も上流の取引先から情報を提供してもらうことが必要になります。上流に対する情報提供要求は、REACH規則における義務ではなく、通常の取引契約での行為と考えられます。材料供給、部品加工、めっき加工、塗装加工などの委託先に対し工程管理、品質管理などの提供情報などについて契約を締結し、それに従がって提供してもらうことになると思います。

3.めっき加工、塗装加工は、成形品、物質、調剤のいずれにあたるのか
 めっき、塗装(塗料)は、加工完了後、それらが施された材料(金属、プラスチックなど)と一体となって、REACH規則の成形品の定義にある「生産時に与えられる特定な形状、表面またはデザインがその化学組成よりも大きく機能を決定する物体」(REACH規則第2条3項)に該当しますので、成形品と考えられます。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク