ここが知りたいREACH規則

ここが知りたいREACH規則

EUの化学物質関連規則を統合するREACH規則について紹介

Q
2008年9月12日更新
Q.113 REACH規則の予備登録が始まっていますが、供給業者の予備登録状況を知りたいと思っています。予備登録の段階でこれらの情報を調べることができる状況にありますか?

予備登録で提出される情報は下記の通りです。

(1)物質の名称、EINECS番号、CAS番号、そのほかの識別情報

(2)予備登録者の名前、住所、連絡者

(3)予想される登録期限とトン数

(4)もしあれば、予備登録する物質に類似の物質の名称、EINECS番号、CAS番号、あるいは、そのほかの識別情報

予備登録段階では、これらの情報は公開されませんが、予備登録終了後2009年1月1日までに、上記の(1)と(4)の情報と予想される最初の登録期限が、予備登録された物質として公開されます。(2)の予備登録者に関する情報は、公開されません。

他方、予備登録者は、上記の(1)から(4)の情報が掲載されている予備登録をした物質のWebページにアクセスすることができます。
 ただし、(2)の予備登録者の情報については、EU域外の企業が唯一の代理人を任命して予備登録を行った場合、それを任命した企業情報は公開されません。また、EU域内の予備登録者が第三者の代理人を使用して登録する場合、予備登録者の情報を開示しないようにすることができます。

また、データ保有者がSIEFに参加できるのは、予備登録物質リストが公開されてからECHAへのデータ提出後になります。貴社がデータ保有者として、SIEFに参加する意向をおもちであっても、予備登録期間中は上記のWebページへはアクセスすることはできません。

以上より、予備登録の段階で供給業者の予備登録状況を知るためには、直接供給業者へ情報提供を要請することが必要となります。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク