本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.111
EUに調剤を輸出しています。弊社の原料物質の購入先から、REACH規則の登録はしないとの連絡がありました。弊社は、複数の輸出先にトータルで年間10t程度輸出しています。しかし、各々の輸出先別に見ますと、現在は、調剤中のどの物質も1t以下です。この場合、REACHの対応を検討し、登録をする必要がありますか?

A.111

REACH規則での、登録義務者について最初に整理しておきます。原則、REACH規則では、EU域内の製造者、輸入者に登録義務があり、EU域外の製造者は直接登録することはできません。もし、EUの輸出先が登録しない、または、登録を任せられないときには、EU域外の製造者は、「唯一の代理人」を任命して、登録を依頼し、輸出ができることになっています。

ご質問では、現在貴社は、EUの複数の輸出先に、調剤中のどの原材料物質も年間1t以下で輸出されているとのことなので、輸出先(EUの輸入者)は登録の義務はありません。将来、輸入先で1tを超える場合には、その輸出先(輸入者)は登録をする必要があります。この場合、段階的導入物質であれば、予備登録と同じ書類を提出すれば、登録までの期限が猶予されます。

しかし、このように将来、1t以上になった輸出先が、登録をしないとなった場合には、貴社が登録していなければ、その後、その輸出先(輸入者)への輸出ができなくなります。

また、1社が1tを超えた時点で「唯一の代理人」を任命して登録することは難しいと考えます。
 その理由は、「唯一の代理人」を任命して、登録する場合は、貴社の輸出量を合計することになります。すでに、総計で10t程度輸出しておられますので、「唯一の代理人」は1tを超えた輸出実績があることになりますから、すでに、予備登録・登録をしていなければならないことになります。

したがって、輸出先が登録する意思があるか確認しておくことが必要と考えます。もし、すべての輸出先が登録する意向をもっていれば、貴社は登録する必要はありません。もし貴社が登録しないで、かつ、輸出先で登録しないのであれば、その輸出先へは1tを超える時点で、販売できないことになります。
 将来ともに、現在のビジネスを継続し、発展させる方針でしたら、リスク回避のために、予備登録・登録されることをお勧めします。

予備登録は、2008年6月1日からすでに開始され、期限は2008年12月1日までです。この予備登録を行なうことで、登録の期限が物質の性状や年間の輸出量により、最長で2018年5月31日まで猶予されます。
 貴社が、唯一の代理人に予備登録を依頼される場合、唯一の代理人への依頼が混み合う可能性がありますので、早めに対応されることをお勧めします。
 予備登録につきましては、コラム「2007/03/16、REACH規則の予備登録は何をするのか?」をご参照ください。

なお、今後も貴社の原材料の購入先が登録をしないという場合、登録を行う企業に変更するという可能性も考えられます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ