本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.93
弊社は調剤メーカーです。現在、ヨーロッパへドイツの商社経由とイギリスのメーカーのOEMにて製品を輸出しています。ドイツの商社に唯一の代理人を依頼した場合、イギリスのメーカーとの関係はどのようになりますか?
ドイツの商社は同類の製品を他社からは輸入していません。イギリスのメーカーは同類の製品を他社(EU外)にもOEMさせています。REACHの登録はどのようにするのがよいでしょうか?
可能性と義務(必須)、問題点なども教えてください。

A.93

ご質問に対する回答にあたり、まずは貴社とイギリスの供給先との関係を検討いたします。

イギリスの供給先は「OEM製品をEU外から調達するメーカー」であり、イギリスの供給先から見れば自社ブランド製品の製造拠点をEU外にもっていることになります。この場合、イギリスの供給先は自社ブランドで取り扱う製品の製造責任を負うとともに、当該製品中の物質についても登録責任を負うものと考えられます。
 一方、イギリスの供給先は「貴社から製品の供給を受ける輸入者」である側面ももち、取引にあたり貴社側で輸入者たるイギリスの供給先に供給する製品中の物質について登録を行うことにしていれば、貴社が任命する「唯一の代理人」が当該製品中の物質について登録を行うことになります。

 以上を踏まえたうえで、ご質問の内容を「唯一の代理人とイギリスのOEM製品の供給先が別々に登録できるか」と整理し、以下の2つの項目に沿って回答いたします。

1.「唯一の代理人」の任命と「輸入者としてのイギリスの供給先」との関係について

REACH規則では、「欧州共同体に輸入される物質そのもの、調剤に含まれる物質又は成形品に含まれる物質を製造し、調剤を調整し又は成形品を生産する欧州共同体以外に所在する自然人又は法人は、本編に基づく輸入者の義務を果たすために、相互の合意によって欧州共同体内に所在する自然人又は法人を唯一の代理人として指名することができる。」(環境省仮訳)との定めがあり、ドイツの商社を「唯一の代理人」に任命することができます。

この場合、イギリスの供給先との取引にあたり、貴社側でイギリスの供給先に供給する製品中の物質について登録を行うことにしていれば、輸入者としてのイギリスの供給先と貴社が任命する「唯一の代理人」との関係は、イギリスの供給先が「唯一の代理人」の川下ユーザーとなり、貴社から供給を受ける調剤に含まれる物質について登録の義務はなくなります。
 なお、このときは貴社からイギリスの供給先に対して「唯一の代理人」の任命について通知する義務があります。また、REACH規則には「唯一の代理人」は、(1)登録される物質の実際的な取り扱いに関する十分な経歴、情報をもっており、さらに(2)SDS(安全性データシート)の最新版の供給に関する情報、(3)輸入量に関する情報および代理を依頼した貴社(EU域外の製造者)のEU域内の顧客リストをいつでも入手可能で最新のものにしておく義務があります。

貴社についても「唯一の代理人」を任命したEU外の製造者として、上記に関連して必要となるデータ、情報を「唯一の代理人」に提供するなどの対応が必要となります。

2.「自社ブランド製品の製造者」としてのイギリスの供給先の登録について

REACH規則では、EU域内の製造者、輸入者が物質または調剤中の物質を1物質当たり年間1t以上製造、輸入する場合に登録が必要となります。イギリスの供給先は貴社からOEM製品の供給を受けるとともに、同類のOEM製品をEU外の他社から供給を受けていますから、イギリスの供給先は「自社ブランド製品の製造者」として貴社並びに他社分も含めて、自社ブランド製品に含まれる物質について登録を行うことになります。

そして、この場合、貴社がドイツの商社経由でヨーロッパに輸出している製品については、貴社が任命する「唯一の代理人」が当該製品に含まれる物質の登録を行う必要があり、この「唯一の代理人」とイギリスの供給先が別々に登録を行うこととなります。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ