本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.83
REACH規則では、SIEFが作られると聞きましたが、どのようなものでしょうか?また、SIEFへは、どのようにすれば参加できるのでしょうか?

A.83

SIEFはSubstance Information Exchange Forumの略で、物質情報交換フォーラムと訳されます。SIEFは、同一の段階的導入物質について試験の重複を避け、その物質の分類と表示を統一するために、データと情報の交換のために設けられるものです。

SIEFの参加者は、潜在的登録者とデータ保有者です。

段階的導入物質を予備登録した製造者、輸入者および唯一の代理人が潜在的登録者と呼ばれます。潜在的登録者は、必ずSIEFに入らなければなりません。

データ保有者とは、

  1. 段階的導入物質の1t未満の製造者、輸入者
  2. 段階的導入物質の川下ユーザー
  3. 工業会、研究機関、大学、国際機関、登録予定のないEU域外の製造者

などで、その物質の情報を保有する者です。データ保有者は、化学品庁に申請して、SIEFに参加することができます。

なお、段階的導入物質を予備登録せずに登録した者、および化学品庁が植物保護製品および殺生物性製品の情報を届出したとして情報を保有する者は、自動的にSIEFの参加者になります。

予備登録は、2008年6月1日から2008年12月1日の間に行われます。予備登録されますと、予備登録者の連絡先、物質の情報(例えば、名称や EINECS番号、CAS番号など)、およびその類似物質の情報が、REACH-ITによりpre- SIEFページに表示されます。同一物質の予備登録者はこのページに自動的にリストされ、予備登録者間で予備登録した物質の同一性を確認します(pre- SIEF)。2009年1月1日に予備登録した物質の情報と類似物質の情報が公開されますが、この後、pre- SIEFに合意した同一物質の製造者・輸入者などによって1つのフォーラム、すなわち、SIEFが形成されます。SIEFは2018年6月1日まで活動が続けられます。

SIEFのフォーム(形態)については、REACH規則には特にどのようなものでなければならないかの規定はありません。また、化学品庁が直接SIEFの中の議論に加わったり、確認したりすることもありません( FAQ version2.1 2008-04-09による)。

すべてのSIEF参加者は、

  1. ほかの参加者からの情報の要求に応えること
  2. 要求により、保有する情報を提供すること

が求められています。

潜在登録者は、

  1. ほかの参加者に不足する情報を要求すること
  2. 登録に必要な追加試験の必要性を明確にすること
  3. 必要のある試験を実施する調整を行うこと
  4. 分類と表示に関する合意をすること

が求められています。

データ保有者は、(1)潜在登録者から要求のある情報を保有していれば、その情報を提供しなければなりませんが、(2)データを要求する権利は与えられていません。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ