本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.41
REACH規則の予備登録についての質問です。
・08年6月からの予備登録では、成形品メーカーとして意図的放出物質を含め、何をどの単位(事業者ごと、事業所ごと、製品ごと、機種ごとなど)で集計し登録すればよろしいでしょうか?
・修理交換部品(補給部品)についても「年間使用量(輸入量)」として全体に合算する必要がありますか?
・登録の基準となる「年間使用量(輸入量)1t超」については、景気動向そのほか、急激な受注変動により変化し得るが、ある程度の予想を立て判断することになりますか?また、「とりあえず」登録しておくという対応は妥当でしょうか?

A.41

まず意図的放出がある場合の、量の計算について、登録ガイダンスの例を参考にして説明します。
Guidance on Registration;
http://reach.jrc.it/03_rdds_web_content/registration_en/registration_en.pdf

1.意図的放出物質のトン数計算

X社が、同じ物質をそれぞれ60t含有する下記3種の成形品を輸入しているとします。

  • 成形品A:物質は意図的放出がない
  • 成形品B:60tの内、40tが通常の状態で放出
  • 成形品C:60tの内、10tが通常の状態で放出

このケースでは、成形品Aの60tは合計計算には入れず、成形品B、Cのそれぞれの60tの合計、120tの登録が必要になります。成形品B、Cから放出される40tと10tの合計50tではないことに注意が必要です。
この例のように、意図的放出のある成形品すべてに使われている物質の総計で計算しますので、修理交換部品から放出のある場合には、それらに含まれる物質すべてを計算に入れる必要があります。

2.段階的導入物質の年間トン数の計算

段階的導入物質の年間トン数は、連続過去3年間の平均値をその暦年の年間トン数として計算します。2007年からのこの数値で、登録期限が決まります。

例えば、2004年50t、2005年60t、2006年70t、2007年80t、2008年120t、2009年130t、2010年70t、 2011年70t、2012年70tのような輸出量の推移を考えて見ます。このときの、各年の年間輸出量は下記のように計算されます。

  • 2007年(2004年〜2006年の平均)=(50+60+70)÷3=60
  • 2008年(2005年〜2007年の平均)=(60+70+80)÷3=70
  • 2009年(2006年〜2008年の平均)=(70+80+120)÷3=90
  • 2010年(2007年〜2009年の平均)=(80+120+130)÷3=110
  • 2011年(2008年〜2010年の平均)=(120+130+70)÷3=100
  • 2012年(2009年〜2011年の平均)=(130+70+70)÷3=90
  • 2013年(2010年〜2012年の平均)=(70+70+70)÷3=70

直近の2012年は90t以下ですが、2010年は110tで100tを超えていますので、100t以上の登録期限、すなわち、2013年5月31日までに登録する必要があります。したがって、景気で暦年ごとの輸出量が変化しても、過去3年の実績で判断すればよいので、実績をしっかり把握しておくことが必要です。

3.登録の単位について

EUに現地法人を設立されていて、それぞれが独立している場合は、法人ごとに登録する必要があります。一方、EUの現地法人のもとに、その事業所として活動しておられるのであれば、EUの現地法人の1社が登録すればよいことになっています。

他方、貴社がEUに輸出しておられ、「唯一の代理人」を指名して登録すれば、EUの輸出先は「唯一の代理人」の川下ユーザーとなり登録の必要がなくなります。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ