ここが知りたいREACH規則

ここが知りたいREACH規則

EUの化学物質関連規則を統合するREACH規則について紹介

Q
REACH規則の基礎のきそ
Q.13 高懸念物質(SVHC)とは何を指すのですか?

高懸念物質(SVHC:Substances of Very High Concern)とは、ヒト(人)の健康や環境に対して、非常に深刻な悪影響を及ぼす可能性のある物質のことを指します。具体的には、以下のような性質をもつものです。

  • 発がん性物質
    発がん性を有する物質
  • 変異原性物質
    遺伝子(DNA)に変化を引き起こす物質
  • 生殖毒性物質
    生殖機能に影響を及ぼす物質
  • PBT物質(Persistent Bioaccumulative and Toxic)
    附属書VIIIに規定される難分解性、生物蓄積性および有毒性を有する物質
  • vPvB物質(very Persistent and very Bioaccumulative)
    附属書VIIIに規定される極めて難分解性で高い生物蓄積性を有する物質
  • その他の毒性物質
    1~5の物質と同程度の悪影響を及ぼす可能性のある物質で、近年話題になっている環境ホルモン(内分泌かく乱物質)も含まれます。

それらの性質をもつ物質から、成形品中に含有すると届出や情報提供(Q7参照)が必要な認可対象候補物質(Candidate List)が決められ、つぎにCandidate Listから認可申請が必要な物質(附属書XIVリスト)が順次決められていきます。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク