HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

17.11.17

GHSグローバル分類リスト作成の検討状況について

GHSシステムは、既に多くの地域、国に導入されています。化学物質管理体制の構築を進めている東南アジアの諸国においても、化学品の危険有害性の情報伝達のためにGHSの導入が進んでいます。
 GHSを導入している国へ化学品を輸出する場合に、ラベルやSDSの作成で困っておられるとの声をお聞きすることがあります。その中の一つに、化学物質の分類をどのようにするかがあります。

GHSは、化学品を物理化学的危険性および健康や環境に対する有害性に応じて分類するために調和された判定基準を定めています。
 EU CLP規則では、調和された分類表が決められており、これらの物質の分類を使用することが求められています。わが国でも政府により分類が行われ、そのデータが提供されています。ただし、政府が提供している分類結果は参考情報の位置づけで、それらの分類結果を採用するかしないかは企業の判断に任されており、異なる情報を持っていれば、これらの分類を採用しなくても良いことになっています。

グローバルにビジネスを展開する企業にとっては、化学物質の分類が、グローバルに調和されていると大変有難いことになります。

国連のGHS専門家小委員会では、2008年から「GHSにしたがって分類した化学物質リスト(GHSグローバル分類リスト)」の作成の検討が進められています。次回の本小委員会は2017年12月6~8日に開催される予定ですが、この会議に向けて事務局からこれまでの検討経緯、問題点、計画等をまとめた報告書が、2017年9月19日に出されています1)。今回は、この報告書の概要をご紹介します。

1.GHSグローバル分類リスト作成の検討経緯

UNITAR(国連訓練調査研究所)が、「いくつかの監督当局が汎用物質の分類リストを作成することを選んだ」という事実に着目して、第15回小委員会に意見書を提出していました。この意見書では、複数のリストを作成すれば、国際的に流通している化学物質の分類の不調和と複雑さを増すことになると指摘していました。
 その後、小委員会に提出された2件の調査研究から、既存のリストの間には次のような相違があることが示されました。

  • (a)1件は、OECDが準備した最初の報告書で、ロッテルダム条約の附属書IIIに列挙されている化学物質に対してEU、日本、ニュージーランドが行った分類の比較が行われています。比較された化学物質のうち、アスベストのみが各システムで同じ分類がされています。しかし、他の5物質は異なる分類結果となっており、詳細に調査してみると、異なるデータセットを使用していることが、分類結果が異なっている最も重要な理由であり、続いてデータの解釈と分類基準の適用の違いがあることを見出したとしています。
  • (b)2件目は、事務局が作成した文書で、「危険物の輸送に関する勧告、モデル規制」(改訂16)とCLP規則附属書VIの分類の相違について、モデル規則(改訂17)においてその比較が示されています。

また、小委員会で実施した調査によれば、少なくとも5か国とEUがGHS分類リストを採択しています。さらに、IMO(海洋環境保護の科学的側面に関する合同グループ(GESAMP))、危険物輸送専門家小委員会(TDG小委員会)、WHO(農薬および国際化学物質安全性カード)が分類を行っています。これらのリストでは、いくつかの分類はGHS基準の適用から導出されていますが、他の分類では元の分類結果を変換しているものがあります。そのうちのいくつかの分類は、根拠とするデータが利用可能ですが、他の分類では利用できるデータがありません。

小委員会は、拘束力のないGHSグローバル分類リストを作成するにあたっての指針を策定しています。指針の原則は、公に入手可能で電子的にアクセス可能なデータから、利害関係者の情報をもとに分類を透明に展開し、拘束力のないものであることを確実にすることです。これらの原則を末尾に記載します。

小委員会は、長期にわたる議論の後、OECDと協力してパイロット分類プロジェクトを実施しています。このプロジェクトでは、使用するプロセスとグローバル分類リストを作成するのに必要なリソースを調査しました。パイロットプログラムでは、3つの化学物質について、スポンサー国が作成した分類草案をOECDのウェブサイトに公開し、利害関係者全員にはウェブサイトへのアクセスが許可され、コメントを募集していました。スポンサー国はコメントに基づいて文書を改訂し、コメントに対する回答を提出しています。

パイロットプロジェクトでは、3つの化学物質それぞれについて、拘束力のない合意された分類に達したという点で成功しています。また、グローバル分類リストを作成する場合には、十分なリソースと利害関係者の持続的コミットメントが必要であることが示されました。

また、非公式のグローバル分類リスト対応グループは、ECHAリスク評価委員会(ECHA RAC)の意見により出されたCLP附属書VIの分類と日本の分類リストの比較作業を開始しました。比較の結果、2つのリストに共通する89の化学物質の中で、同一の分類の物質はありませんでした。現在、2つのリスト間の不一致の原因を特定するための追加作業について予備的な議論が行われています。

2.グローバル分類リストプロジェクトの今後の課題に関する議論

これまでの2年の間で、小委員会は、グローバル分類リストの非公式の作業グループに対し、「グローバル分類リストプロジェクトで追加作業を保証する十分な利害があるかどうかを検討する」ことを指示しています。非公式の作業グループは、2017年7月11日の会議でプロジェクトの将来について話し合われています。

多くの専門家の間では、小委員会が指針に沿ったグローバル分類リストの作成を開始すべきだという強い要望がありました。この考えを支持する意見には、次のような内容があります。

  • (a)小委員会は、合意された分類に到達するためのプロセスを特定している。パイロットプロジェクトの分類を開発するためには多大な努力が必要であったが、これまでの多くの経験によって、効率化が図れると考えられる。また、毎年100の国際化学物質安全性カードの分類を作成しているWHOの代表を分類の分科会に招待することで更なる効率化が図れる。
  • (b)グローバル分類リストは、化学物質の使用者が世界的に「一貫して適切な情報」を持つことを確実にするためのGHSの目標を促進するものである。
  • (c)グローバル分類リストは、分類を変更し別のラベルとSDSを作成するためのリソースを持たない中小の化学品製造業者や供給業者を支援することができる。また、化学物質有害性情報伝達の一貫性を達成するために、独自に分類を作成するためのリソースを持たない国々を支援するができる。
  • (d)グローバル分類リストを作成することは、必須リストまたは推奨リストを採用した権限のある当局が、自ら分類を行うよりも、国際レベルでリソースを共有することによって、より多くの分類を採用できる可能性があり、経済的なスケールメリットにつながる可能性がある。
  • (e)グローバル、または、地域的な法的拘束力のあるリストとグローバルに拘束力のないリストとの間の矛盾が生ずる懸念に対しては、グローバル分類リストを支持する専門家は、追加的な検証を行うことのみで、その正確性を向上させることができる。

一方、幾人かの専門家はグローバル分類リストの作成を進めることに対して、次のような懸念を表明している

  • (a)パイロットプロジェクトは、調和された分類リストを作成するには相当なリソースが必要であることを示している。
  • (b)グローバルなレベルでの作業は、所管当局レベルですでに行われている作業と重複した不必要な作業につながる可能性がある。
  • (c)異なるグローバル分類リストが出れば、所管当局の拘束力のあるリストの信頼性を損なう可能性がある。

9年間の研究の結果からこのプロジェクトは岐路に差し掛かっており、小委員会は、グローバル分類リストの策定を進めるかどうかの基本的な決定を下す時期が来ているとしています。

グローバル分類リストの作成を進めることを決定した場合は、指針の原則とプロセスの内容について項目の追加を行う必要があるとしています。指針の原則への追加項目としては、レビューのために物質の優先順位付け、グローバル分類リストに含める方法、物質をグループとして列挙できるかどうか等があります。プロセスに追加すべき項目としては、提案の提出と検討のための取り決め、小委員会が提案された分類を記録/合意/承認/推奨し、新しいデータや更新されたデータに基づいて既存の分類を更新すること、および、これらの活動のためのリソースの確保と管理の進め方があります。

化学物質の分類と表示の世界調和システムに基づいて分類された化学物質のグローバル分類リストの作成のための指針

  • (a)グローバル分類リストを作成し、維持するプロセスは、明快で、透明で、GHSの原則に従わなければならない。ステークホルダーには、専門家によるレビュー、紛争解決、新しい重要なデータや情報が入手可能になったときに、リストを更新するための仕組みを提供する機会が提供されるべきである。
  • (b)すべてのGHSの危険有害性分類および区分は、分類された化学物質のグローバル分類リストに含まれなければならない。
  • (c)GHSによって定義される物質のみが、グローバル分類リストに含まれる。
  • (d)すべての物質は、その収載に当たっては、正確に識別が可能にするために、CAS番号、危険物輸送に関する規制で割り当てられ、適用される危険国連番号(UN番号)等を記述されなければならない。
  • (e)化学分類の基礎をなすデータセットは、分類で参照されなければならない。情報源は、電子的に利用可能であり、公にアクセス可能でなければならない。データは、科学的に健全であり、国際的な手順に従って検証された試験方法を用いて得られたものであるべきである。
  • (f)グローバル分類リストには拘束力がない。GHS自体と同様に、各国は、立法および、または規制プロセスを通じてそれを採用すれば、リストを拘束する選択肢を持つことにはなる。

以上、GHSグローバル分類リストの作成を進めるにあたっては、多くの課題があるようです。冒頭に書きましたように、企業にとっては、GHSグローバル分類リストが作成されると、助かることになりそうですが、拘束力のあるリストにすることは難しいようです。非拘束のグローバル分類リストが作成された場合は、既に作成されている分類リストとの関係を明確にされないと、混乱が起こりそうです。今後の推移に注目したいと思います。

(林  譲)

参考資料
1)http://www.unece.org/fileadmin/DAM/trans/doc/2017/dgac10c4/ST-SG-AC10-C4-2017-4e.pdf

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。