本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

15.12.11

REACHにまつわる最近のニュース(59)-第7次附属書XIV収載物質勧告案の意見募集について-

第7次の附属書XIVに収載する認可対象物質の勧告案が、2015年11月18日に公告され、2016年2月18日まで意見募集が行われています1)。今回は、この勧告案の物質について紹介します。

表1に勧告案の物質を示します。主な用途は、candidate listへの収載の提案書から引用したものです。日没日は公布される附属書XIVの認可申請期限日から18カ月後とする提案になっています。

表1 意見募集が行われている附属書XIV収載勧告案物質2)
物質名 EC番号 CAS番号 認可申請期限日 主な用途
1 1,2-ベンゼンジカルボン酸ジへキシルエステル, 分岐および直鎖 271-093-5 68515-50-4 収載公布後18カ月 シーラント、潤滑剤、可塑剤
2 フタル酸ジへキシル 201-559-5 84-75-3 可塑剤
3 シクロヘキサン-1,2-ジカルボン酸無水物(cisおよびtrans異性体全てを含む) 201-604-9
236-086-3
238-009-9
85-42-7
13149-00-3
14166-21-3
エポキシ硬化剤
4 メチルヘキサヒドロフタル酸無水物、全ての異性体 247-094-1
243-072-0
256-356-4
260-566-1
25550-51-0
19438-60-9
48122-14-1
57110-29-9
エポキシ硬化剤
5 りん酸トリス(ジメチルフェニル)(リン酸トリキシリル) 246-677-8 25155-23-1 収載公布後21カ月 耐火流体、
油圧用流体
6 過ホウ酸ナトリウム 239-172-9
234-390-0
(15120-21-5)
(11138-47-9)
洗濯用洗剤、食器洗い機用漂白剤
7 ぺルオキソメタホウ酸ナトリウム(過ホウ酸ナトリウム) 231-556-4 7632-04-4 洗濯用洗剤、食器洗い機用漂白剤
8 オレンジ鉛(四酸化鉛) 215-235-6 1314-41-6 収載公布後24カ月 塗料顔料
9 一酸化鉛(酸化鉛) 215-267-0 1317-36-8 ガラス原料、安定剤原料
10 四塩基性硫酸鉛 235-067-7 12065-90-6 電池電極材、PVC安定剤
11 三塩基性硫酸鉛 235-380-9 12202-17-4 電池電極材、PVC安定剤

#1、#2のフタル酸エステルは、これまでに附属書XIVに収載されている一連のフタル酸エステル類に続くものです。 #6、#7は物質名が異なりますが、NITEのCHRIPではどちらも「過ホウ酸ナトリウム」として収載されています3)。そのため、表1では#7の別名として過ホウ酸ナトリウムと表記しています。

#6のカッコ内のCAS番号はCHRIPから引用しています。また、CHRIPではこれらの物質以外に表2の過ホウ酸ナトリウムの水和物がリストされています。REACH規則では、水和物と無水物は同じ物質として扱われますので、水和物も今回の対象に含まれていると考える必要があります。

表2 CHRIPに収載されている過ホウ酸ナトリウム類3)
CAS番号 EC番号 物質名
1 7632/4/4 231-556-4 過ホウ酸ナトリウム
2 10332-33-9 - 過ホウ酸ナトリウム・一水和物
3 10332-33-9 - 過ホウ酸ナトリウム一水和物
4 10486-00-7 - 過ホウ酸ナトリウム―水(1/4)
5 10486-00-7 - 過ホウ酸ナトリウム・四水和物
6 10486-00-7 - 過ホウ酸ナトリウム四水和物
7 11138-47-9 234-390-0 過ホウ酸ナトリウム
8 13517-20-9 - 過ホウ酸ナトリウム―水(1/3)
9 13517-20-9 - 過ホウ酸ナトリウム三水和物
10 15120-21-5 239-172-9 過ホウ酸ナトリウム
11 37244-98-7 - 過ホウ酸ナトリウム四水和物
12 37244-98-7 - 過ホウ酸ナトリウム-水(1/4)
13 98701-65-6 - 過ホウ酸ナトリウム
14 115656-07-0 - 過ホウ酸ナトリウム

#8から#11までの4種の鉛化合物は、2014年の第6次の勧告案に挙げられていましたが4)、最終の勧告案から一旦削除されていました。今回改めて提案されたものです。従い、前回の意見募集時に提出された意見は、再度提出する必要はないとしています。

これまで、第4次勧告までを対象に附属書XIVには31物質が収載されています。第5次の勧告案は2014年2月に5物質、第6次勧告案は2015年7月に15物質が提案されています。 これまで勧告案が公表されてから、およそ1年半程度で附属書XIVが公布されています。第5次の勧告案が公表されてから1年半以上経過しますので、そろそろ第5次の附属書XIVが公布されるのではと予想しています。

(林 譲)

1)http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-consults-on-11-substances-to-be-proposed-for-authorisation
2)http://echa.europa.eu/documents/10162/13640/7th_recom_draft_axiv_entries_en.pdf
3)http://www.safe.nite.go.jp/japan/sougou/view/TotalSrchResultList_jp.faces
4)http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/150724.html

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ