本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

15.07.24

REACHにまつわる最近のニュース(57)-第6次附属書XIVに収載の認可対象物質勧告案がEU委員会に出されました-

ECHAからEU委員会に提出された附属書XIVに収載される認可対象物質の第6次勧告案が、2015年7月2日に公表されました1)

第6次の草案については、2014年9月1日から2014年11月30日まで意見募集が行われていました。この草案では22物質が提案されていましたが、公表された勧告案では15物質となっています。下記の鉛含有化合物7物質については将来再度検討するということで、今回の勧告案には入っていません。

表1 第6次附属書XIV勧告案に収載されなかった鉛含有化合物
物質名 EC No.
1 塩基性酢酸鉛 257-175-3
2 三塩基性硫酸鉛 235-380-9
3 四酸化鉛(オレンジ鉛) 215-235-6
4 パイロクロア、アンチモン鉛イエロー(ピグメントイエロー41) 232-382-1
5 四塩基性硫酸鉛 235-067-7
6 酸化鉛 215-267-0
7 ケイ酸鉛 234-363-3

表2に勧告案を示します。日没日は載せていませんが、REACH規則の規定通り、認可申請期限日から18カ月後です。意見募集中に寄せられた認可申請に対する除外用途等の要望については、今回の勧告案には採択されていません。

表2 第6次附属書XIV勧告案
物質名 EC No. SVHCの性質 認可申請期限 主な用途
1 1-ブロモプロパン 203-445-0 生殖毒性(1B) 収載公布日後
18カ月
蒸気脱脂、表面洗浄用溶剤
2 フタル酸ジイソペンチル 210-088-4 生殖毒性(1B) 収載公布日後18カ月 可塑剤
3 1,2-ベンゼンジカルボン酸、炭素数7の分岐炭化水素を主成分とする炭素数6~8のフタル酸エステル類 276-158-1 生殖毒性(1B) 収載公布日後18カ月 可塑剤
4 1,2-ベンゼンジカルボン酸、炭素数7~11の分岐および直鎖アルキルエステル類 271-084-6 生殖毒性(1B) 収載公布日後18カ月 可塑剤
5 1,2-ベンゼンジカルボン酸ジ-ペンチルエステル、分岐および直鎖 284-032-2 生殖毒性(1B) 収載公布日後18カ月 可塑剤
6 フタル酸 ビス(2-メトキシエチル) 204-212-6 生殖毒性(1B) 収載公布日後18カ月 可塑剤
7 フタル酸ジペンチル(DPP) 205-017-9 生殖毒性(1B) 収載公布日後18カ月 可塑剤
8 フタル酸n-ペンチル-イソペンチル - 生殖毒性(1B) 収載公布日後18カ月 可塑剤
9 アントラセンオイル 292-602-7 発がん性(1B)
PBT、vPvB
収載公布日後21カ月 コーティング、塗料撥水材、シーラント
10 コールタールピッチ、高温留分 266-028-2 発がん性(1B)
PBT、vPvB
収載公布日後21カ月 コーティング、塗料、接着剤およびシーラントでの腐食防止剤
11 4-ノニルフェノールエトキシレート〔ノニル基は、炭素数9の直鎖および分岐のアルキルの全ての異性体の単独物、および、混合物(UVCB)、エトキシレートの付加数は、単一のものからUVCB,ポリマー等全てのものを含む〕 - 環境への有害性
(57条f)
収載公布日後24カ月 採鉱での浮遊材、塗料および乳化重合に使用
12 ホウ酸 233-139-2,
234-343-4
生殖毒性(1B) 収載公布日後27カ月 セルロース断熱材、冶金、接着剤、建築材料、塗料、洗剤、耐火物、肥料、原子力発電所での使用。
13 四ホウ酸二ナトリウム無水物 215-540-4 生殖毒性(1B) 収載公布日後27カ月 セルロース断熱材、冶金、接着剤、建築材料、塗料、洗剤、耐火物、肥料、原子力発電所での使用。
14 三酸化二ホウ素、酸化ホウ素 215-125-8 生殖毒性(1B) 収載公布日後27カ月 セルロース断熱材、冶金、接着剤、建築材料、塗料、洗剤、耐火物、肥料、原子力発電所での使用。
15 四ホウ酸二ナトリウム水和物 235-541-3 生殖毒性(1B) 収載公布日後27カ月 セルロース断熱材、冶金、接着剤、建築材料、塗料、洗剤、耐火物、肥料、原子力発電所での使用。

今回の勧告案で、特に注意したいのは、#2から#8までのフタル酸エステル7物質が認可対象物質として勧告されていることです。表3に示しますフタル酸エステル類は、認可対象物質として附属書XIVされ、既に日没日が過ぎています。今回の7物質が附属書XIVに収載されますと、認可対象となったフタル酸エステル化合物類は11物質となります。

表3 既に附属書XIVに収載されているフタル酸エステル化合物
附属書XIV収載# 物質名 日没日
3 フタル酸ビス(2-エチルへキシル)(DEHP) 2015.2.21
4 フタル酸ベンジルブチル(BBP) 2015.2.21
5 フタル酸ジブチル(DBP) 2015.2.21
7 フタル酸ジイソブチル(DIBP) 2015.2.21

なお、これまでにcandidate listに収載されているフタル酸エステル化合物(2015年6月15日時点で)は14物質あります2)。これらの中で附属書XIVへの収載提案がされていないのは下記の3物質です。

  • フタル酸ジへキシル(2013年12月16日収載)
  • 1,2-ベンゼンジカルボン酸ジへキシルエステル, 分岐および直鎖(2014年6月16日収載)
  • フタル酸ジC6‐C12アルキルエステルフタル酸ジエステル:フタル酸ジヘキシル(EC No.201-559-5)0.3wt%以上を含むフタル酸、デシル、ヘキシル、オクチルジエステル混合物(2015年6月15日収載)

#11については、物質名「4-ノニルフェノールエトキシレート」の同族物質が、分解すれば内分泌かく乱物質とされている4-ノニルフェノールを生成することから、グループとして附属書XIVに収載することが提案されています。

#12から#15までのホウ酸及びホウ酸塩類は、広く肥料に用いられていることや原子炉での中性子吸収剤として用いられていることから、認可申請対象用途からの除外の要望が出されていましたが、今回の勧告案では除外用途の提案は行われていません。

今回の勧告案が正式に採用されるのは、第5次附属書XIVの勧告案(2014年2月提案)がまだ公布されていないことから、1年以上先になると予測しています。

(林 譲)

1)http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-proposes-15-substances-for-authorisation
2)http://echa.europa.eu/web/guest/candidate-list-table

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ