本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

15.05.22

中国危険化学品目録の改正・施行

2015年4月3日掲載の本欄コラム(中国「危険化学品目録2015」の公布)において既報のとおり、「危険化学品安全管理条例」(国務院令第591号)を施行するための重要な文書である「危険化学品目録」2015年版(以下、新目録)は、2015年5月1日から施行されています。これに伴い、従来の「危険化学品目録(2002年版)および「毒劇化学品目録」(2002年版)は廃止されました。

中国では、危険化学品管理について目録管理制度を導入しており、目録の対象となった危険化学品は、国の関連法令に基づき、行政許可等の手段で重点管理をします。 混合物や目録に未収載の危険化学品については、中国内危険化学品の危険特性を把握するため、危険化学品登記制度・鑑定分類制度を採用し、企業は「化学品物理危険性鑑定・分類管理弁法」(国家安全生産管理総局第60号令)およびその他の関連法規に基づき鑑定分類を行い、危険化学品と分類された場合、「危険化学品登記管理弁法」(国家安全生産監督管理総局第50号令)に基づいて危険化学品登記を行わなければなりません。

「危険化学品目録」については、中華人民共和国国務院令第591号において改正案が採択され、2011年2月16日公布、2011年12月1日に施行されている「危険化学品安全管理条例」第3条において以下のとおり規定されています。

「第三条当条例の危険化学品とは、害毒、腐食、爆発、燃焼、助燃等の性質を有し、人体、施設、環境に対して危害がある猛毒化学品及びその他の化学品をさす。
危険化学品目録、国務院安全生産監督管理部門が、国務院の工業・情報化、公安、環境保護、衛生、品質監督検験検疫、交通運輸、鉄道、民用航空、農業の主管部門と共同で、化学品危険特性鑑別分類基準に基づき認定かつ公布し随時調整する」

今回の2015年版「新目録」ついては、国連GHSに基づいて、化学品危険性分類・ラベル規範シリーズを策定し、28種からなる化学品危険性の分類体系を確立し、危険化学品を上記第3条に基づき「毒害、腐食、爆発、燃焼、助燃等の特性を持ち、人体、施設、環境に有害となる劇毒化学品やその他の化学品」定義しています。同時に「毒劇化学品目録」(2002年版)の対象品種は過多で実情にそぐわなかったとして見直しを行っています。 「新目録」は、現行管理制度との連携、安定的な移行を前提として世界基準と統合していくことを策定原則としています。化学品分類・ラベルのシリーズ国家基準に基づき、化学品28分類95危険区分のうち危険性の大きい81区分を危険化学品の分類原則としています。

新目録と2002年版目録との比較1)

1.追加した危険化学品

  • 「ロッテルダム条約」、「ストックホルム条約」の対象である化学品40品目
    (短鎖系塩化パラフィン(C10-13)、ポリ塩化テルフェニル等)
  • 「中国で輸出入を厳格に制限する有毒化学品リスト」、「危険化学品使用量の数量基準
    (2013年版)」の対象である化学品29品目(硫化水銀、トリホスゲン等)
  • 「国連危険貨物輸送勧告」、「EU化学品等危険性分類リスト」を参照し、化学品の危険性、国内生産状況により化学品123品目を追加(二硫化チタン、NO2等)
  • ここ数年多発している刑事事件の状況により、公共の安全管理の必要性に応えるべく、関連行政部門が打出し、10省庁が追加に同意した塩化サクシニルコリン、フレオロ酢酸メチル。

2.統合調整または削除した化学品

  • 「危険化学品目録」(2002年版)の10品目を1つに統合
  • 「1級可燃性溶剤を含む合成樹脂(-18℃≦引火点<23℃)」、「2級可燃性溶剤を含む合成樹脂」、「1級可燃性溶剤を含むペンキ・補助材料・塗料」、「2級可燃性 溶剤を含むペンキ・補助材料・塗料」、「ベンゼンまたはトルエンを含む製品」、「アセトンを含む製品」、「エタノールまたはエーテルを含む製品」、「1級可燃性溶剤を 含む接着剤(-18℃≦引火点<23℃)」、「1級可燃性溶剤を含むその他製品」、「2級可燃性溶剤を含むその他製品」およびこれらが含まれる288の化学品品目を 2828物質にまとめた。この条件に適合するものは全て危険化学品を見なされる。
  • 複数にわたっていた同一CAS番号の品目は1品目に統合した。
  • 「危険化学品目録」(2002年版)に収載されていた軍用毒薬・物品等10品目を削除 した。
  • その他削除した化学品目は、危険化学品の分類基準に適合しないもの成分不明なもの、また国内で登記されていない農薬等400件余である。

劇毒化学品について
1.定義
有害性を持つ化学品で、人工的に合成された化学品とその混合物、天然毒素、また急性 毒性を持ち、公共安定に害を及ぼしうるものを指す。

2.劇毒急性毒性判定基準
 劇毒急性判定基準:急性毒性区分1は、次の条件のうち1つ以上を満たすものとする。 ラツト実験で経口LD50≦5mg/kg、径皮LD50≦50mg/kg、吸入(4h)LC50≦100ml/m3 (気体)、または0.5mg/l(蒸気)または0.05mg/l(粉塵、ミスト)。経皮LD50の実験デ ータは、ウサギ実験データも使用できる。

判定基準は「劇毒化学品目録」(2002年版)と比べ大きく変化している(表1)。

表1
項目 新目録(2015年版) 「劇毒化学品目録」(2002年版)
経口 LD50≦5mg/kg LD50≦50mg/kg
経皮 LD50≦50mg/kg LD50≦200mg/kg
吸入 (4h)LC50≦100ml/m3(気体)、または0.5mg/l(蒸気)または0.05mg/l(粉塵、ミスト) (4h)LC50≦500ppm(気体)、または2mg/l(蒸気)または0.5mg/l(粉塵、ミスト)
対応する危険性区分 急性毒性、区分1 急性毒性、区分1及び区分2

新目録の劇毒化学品の品目数は148種で、「劇毒化学品目録」(2002年版)と比べると、187種減少している。以下にその内容を記載します。

  • 「劇毒化学品リスト」(2002年版)に含まれる140種の化学品は、引き続き劇毒化学品として管理され、160種が新目録で危険化学品としての管理対象となり、35種が目録から除外されています。
  • 劇毒化学品として新たに4種の化学品が追加されています。
    (4'-ブロモ-2-フルオロアセトアニリド、2,3,4,7,8-ペンタクロロジベンゾフラン、4-メトキシ-2-ニトロアニリン、フルオロ酢酸メチル)
  • 「危険化学品目録」(200年版)収載化学品の塩化シアン、トリブチルアミン、亜ヒ酸カルシウム、(p-クロロフェニル)-2,8,9-トリオキサ-1-5-アザ-1-シラビシクロ[3,3,3]の4品目を劇毒化学品に指定しています。

2015年5月1日から実施されている「新目録」は、対象品目数は減少していますが、対象となる化学品は実質増加となっています。新目録では、2,828物質(劇毒化学品148品目を含む)、2998品目(同一CAS番号で複数の品目が存在するため)となっています。
 2002年版と比較すると863品目減少しています。1,942品目は2002年版目録と同一で、1,056品目が2002年版目録になかった新たな品目です。

新目録においては、危険性の低いまたは議論のある製品(活性炭等)や多くの混合物を削除しており、2002年版目録に収載されていた可燃性溶剤を含む危険化学品を項番2828(引火点60℃未満の可燃性溶剤を含む合成樹脂・ペンキ・補助材料・塗料等の製品)として統合化を図っています。同時に、多くの危険化学品が初めて新目録に収載され、実質的には危険化学品管理は拡大・厳格化したといえます。

1)
http://www.chinasafety.gov.cn/newpage/Contents/Channel_21356/2015/0401/248294/content_248294.htm

(瀧山 森雄)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ