本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

14.08.15

REACHにまつわる最近のニュースから(51)‐「SVHC の2020年に向けてのRoadmap」へのEU工業会の提言-

SVHCについて2014年7月18日付けコラムで紹介しましたが、現在、SVHCは155物質となっています。また、Registry of Intention には2物質増えて8物質の提案書が提出されることになっています。
 これらに加え、今後どのような物質をSVHCにするかは、昨年12月に発表された「SVHC Roadmap to 2020 Implementation Plan」に説明されています1),2)。Roadmapの実施計画では、(1)新たにSVHCとするスクリーニング、(2)この物質に適切なリスク管理の選択肢(RMO:Risk Management Options )の分析を行うに当たって、どのように組織化し、調整して実施するかに焦点を当てるとしています。

EUの工業会連盟であるOrgalimeはこの実施計画を歓迎しています。しかし、Orgalimeは、REACH規則と他の工業会ごとに関係する規制は、それらが補完的であるべきだが、必ずしも整合が取れていず、それらが調整されていないとの立場からRoadmapの実施計画を成功させるために次のような提案を発表しています3)

  1. 対象とする物質の潜在的な用途の概要を提供し、自動的に欧州の業界団体を経由して潜在的な影響を受ける産業部門に通知すること。
  2. 対象とする物質はRMO分析の下で精査されるために、調和された優先順位付けメカニズムを構築すること。
  3. 業界が適切にRMOプロセスを通じて貢献できるように、早い段階で現実的なタイムラインの下に業界が関与すること。
  4. 附属書XIVに収載される可能性を考慮して、candidate listに収載されたSVHCの優先順位付けを定期的に包括的にかつ公的に利用可能にして更新すること。
  5. 中長期には、RMO分析を使用してcandidate list物質を再評価すること。
  6. Candidate listへの収載のプロセスおよびSVHCのRoadmapの実施において、透明性を導入すること。
  7. 「該当する」としてSVHCを特定するための基準に関して、EU加盟国(28カ国)、欧州委員会と欧州化学物質庁(ECHA)が共通の理解を持つように努力すること。
  8. 加盟国がSVHCに該当するとして選択する基準、及び公的に利用可能な情報で同物質を評価する基準を作成すること。
  9. 他の規制措置と共に、SVHCとして同定するための物質を評価する想定タイムラインを含めて、加盟国の活動と手順の状況に関して、定期的に更新された公開情報として提供すること。
  10. 現在のECHAデータベースに特定の物質を使用する産業分野に関する情報を追加すること:ECHAのウェブサイトでは、物質名のみの検索より、むしろ出発点として、産業分野ごとの検索を可能にすべきである。
  11. RMOプロセスに関する欧州委員会のガイダンス文書を開発すること:

    ・異なる可能性のあるRMO(REACH、および、産業分野ごとの特定の化学物質規制、廃棄物、産業排出の政策措置や中核となる職場労働安全衛生の政策措置などの他の関連のEUの法律を含む)、および、どのケースで、どの選択肢が、一般的により適切であると考えられるかについての共通の理解のために。

    ・リスクの証拠、リスク、デモンストレーション、規制措置の必要性に関する正当化の徹底的な評価、および、選択したRMOと関連産業分野への提案された対策の影響の評価を含む、三段階のRMO分析の推奨。

    ・RMO報告でのキーとなる情報。

  12. ヨーロッパ工業会の複雑なグローバルサプライチェーンの管理を容易にするために、特に当該物質がヨーロッパ以外の地域で生産されている場合を考えると、candidate listに収載する物質に関する早期警告を提供することにより、ヨーロッパの主要な貿易パートナーとの協力を強化すること。

以上のように、EUの工業会は現在のSVHCを特定するプロセスの改善を求めています。REACH規則は、EU域内の上流の化学物質の製造者だけでなく、域外の企業にも関わります。また、化学物質の製造者だけでなく、川下のユーザーにも深く関わっています。
 SVHCさらには認可対象とする附属書XIVに収載する場合、どのような用途でどのくらいの産業分野に影響をもたらすか、サプライチェーンでの対策のために必要な時間やコストを考慮することを求めています。
 今後、ECHAのSVHCの選定において、より透明性のある情報開示がされ、それに対して産業界から意見が出しやすくなることにより、REACH規則は産業界が対応の取りやすいものになることを期待したいものです。

1)http://echa.europa.eu/documents/10162/19126370/svhc_roadmap_implementation_plan_en.pdf
2)http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/131227.html
3)http://www.orgalime.org/position/risk-management-options-rmo-analysis-following-svhc-roadmap-2020

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ