本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

13.08.16

REACHにまつわる最近のニュースから(41)―SVHC、制限に関連する最近の動き―

すでにcandidate listsに収載されている物質や附属書XIV収載の勧告物質について、制限対象にしようとする動きがあります。また、新たにSVHC対象にしようとする動きもあります。2013年8月10現在のECHAのホームページから、気になる動きを紹介します。

1.「制限」の提案が計画されている物質について

ECHAのRegistry of Intentionのページから制限の提案の提出が予定されている物質と制限の範囲を表1にまとめました。

表1:制限の提案が予定されている物質
物質名 EC番号 CAS番号 制限範囲 提案書(附属書XV)
提出予定日
1 ビス(ペンタブロモフェニル)エーテル(DecaBDE) 214-604-9 1163-19-5 DecaBDE、その混合物、これを含む成形品の製造、使用、上市の禁止 2014年8月1日
2 4,4'-イソプロピリジエンフェノール(ビスフェノールA) 201-245-8 80-05-7 感熱紙 2014年1月17日
3 クリソタイル(アスベスト) - 12001-29-5,
132207-32-0
ダイアフラム 2014年1月17日
4 カドミウムと
その化合物
231-152-8,
-
7440-43-9,
-
プラスチックおよびペイント 2014年1月17日
5 画家用ペイントおよびエナメル、セラミックおよびガラス用の含量 2014年1月17日

#1のDecaBDEは、すでにcandidate listに収載されて、第5次の附属書XIVに収載を勧告する候補物質して意見募集が行われていました。しかし、今回の制限提案から、7月5日付けで意見募集が中止されています。今回の制限案が成立しますと、DecaBDEの使用・上市はもちろん、DecaBDEを含有している成形品の上市も禁止されることになります。
 すでにRoHS指令では電気電子機器への0.1%以上の含有が制限されていますが、今回の制限案が成立しますと、すべての成形品への含有も制限されることになります。
 #2のビスフェノールAは各国で食品容器等への使用が禁止されていますが、今回は紙への使用を制限する提案のようです。
 #3のクリソタイルはすでに附属書XVIIのエントリー#6で制限されていますが、制限内容の追加の提案です。
 #4、#5のカドミウムとその化合物についてもエントリー#23で制限がされていますが、この制限範囲の追加ということになります。なお、カドミウム、酸化カドミウムについては2013年6月20日に第9次candidate listに収載されています。
 また、表2に今年に制限の提案書が提出された物質をまとめました1)

表2 2013年に制限の提案書が提出された物質
物質名 EC番号 CAS番号 制限の範囲 提出日
1 ノニルフェノールで、アルキル基は分岐および直鎖、炭素数9で、フェノール基に対して2、3および/または4位で、エトキシ分子が1分子以上付加した、UVCBおよび構造が確定した物質をカバーする、高分子および同族体(NPE) - - 水で洗濯することができる、NPEを含有する衣類、織物アクセサリ、繊維製インテリアの上市の制限 2013年7月29日
2 ノニルフェノールで、アルキル基は分岐および直鎖、炭素数9で、フェノール基に対して2、3および/または4位、UVCBおよび構造が確定した物質で、個別の異性体および混合物を含む(NP) - - 水で洗濯することができる、NPを含有する衣類、織物アクセサリ、繊維製インテリアの上市の制限 2013年7月29日
3 1-メチル-2-ピロリドン(NMP) 212-828-1 872-50-4 専門家向けのコーティング剤、洗浄剤でのNMPの使用の制限 2013年4月19日
4 鉛およびその化合物 231-100-4 7439-92-1 消費者向けの、鉛およびその化合物を含有する成形品の上市の制限 2013年1月18日

表2の#4については、すでに鉛を含有する宝飾品の上市の禁止の項目としてエントリー#63が設けられています。9月21日まで意見募集が行われています2)
 また、#1から#3についてはcandidate listに収載されているSVHCです。
 このように、すでにSVHCとしてcandidate listに収載されている物質や認可対象の物質でも、制限の対象とされるケースが多くなってきています。

2.SVHC(candidate list収載物質)の提案が予定されている物質

表3に、2013年8月5日までに提案書が提出される予定の7物質をまとめました3)。これらの物質がすべてcandidate listに収載されますと、合計で151物質となります。

表3 SVHCの提案が予定されている物質
物質名 EC番号 CAS番号 提案国 有害性
1 りん酸トリス(ジメチルフェニル)
(別名 リン酸トリキシリル)
246-677-8 25155-23-1 オーストリア CMR
2 4‐アミノ‐3‐[[4'‐[(2,4‐ジアミノフェニル)アゾ]‐1,1'‐ビフェニル‐4‐イル]アゾ]‐5‐ヒドロキシ‐6‐(フェニルアゾ)‐2,7‐ナフタレンジスルホン酸二ナトリウム
(別名 C.I. ダイレクトブラック38)
217-710-3 1937-37-7 オランダ CMR
3 フタル酸ジへキシル 201-559-5 84-75-3 ドイツ CMR
4 硫化カドミウム 215-147-8 1306-23-6 スウェーデン CMR
5 3,3'‐[(1,1'-ビフェニル‐4,4'‐ジイル)ビスアゾ]ビス(4‐アミノ‐1‐ナフタレンスルホン酸ナトリウム)
(別名C.I. ダイレクトレッド28)
209-358-4 573-58-0 オランダ CMR
6 酢酸鉛(II) 206-104-4 301-04-2 オランダ CMR
7 エチレンチオ尿素
(別名:2-イミダゾリジンチオン、イミダゾリン‐2‐チオール)
202-506-9 96-45-7 スウェーデン CMR

1)http://echa.europa.eu/web/guest/registry-of-current-restriction-proposal-intentions
2)http://echa.europa.eu/restrictions-under-consideration
3)http://echa.europa.eu/web/guest/registry-of-current-svhc-intentions

(林 譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ