本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

13.02.22

ロシアの法規制の概要

最近、EU RoHS(II)が要求するCEマーキング対応やロシアに関する法規制への読者の関心が目立つようになりました。これまで言語の壁もありEU、中国、米国の情報を中心に発信しきましたが、ロシアで新たな動きもありますので、表面的な調査結果ですがロシアの法規制の状況を概説します。

1.化学物質安全関連の法体系

(1)連邦法(Federal Laws)は一般用件を規定しています。環境保護法(No.7-FZ environment protection)や消費者保護法(No.2300-1 protection of consumer rights)などがあります。
(2)技術的規則(Technical regulations)は最小量の安全要求を規定しています。塗料・ワニス・溶剤要求(Requirements for paint and varnish materials and solvents)などがあります。
(3)規則(Rules and regulations)は特別なタイプの製品のための安全と品質要求事項が定められています。化学物質関連ではありませんが、EU CEマーキングの低電圧指令、EMC指令などと同様の規則があります。
(4)規格(Standards)は任意要件ですが、GHS基準としてGOST 31340-2007(分類)やGOST 30333-2007(SDS)があります。

2.分類と表示

ロシアの化学物質の分類と表示はGHS 2005年版(改定初版)をベースとしています。

(1)分類と表示
 分類と表示は、ロシア規格GOST 31340-2007(化学製品の標示の一般的要件)で規格化されています。
 この規格は化学製品のラベルだけでなく、そのアプリケーションへの要件を指定していますが、最終製品の医薬品、香水や化粧品 にはこの規格は適用されません。
 輸送表示は国内および国際的な基準、規制の要件を満たす必要があり、危険物の輸送は国連モデルの標示が要求されます。 ロシア語ですが、その内容をWebサイトで読めます。
(2) SDS
 SDSは、ロシア規格GOST 30333-2007(化学製品の安全データの一般的要件)で規格化されています。ロシアではSDSを「Chemical product safety passport」と称しています。
 SDSはGOST 31340-2007による分類結果を踏まえて作成する必要があります。
 内容はGHSの16項目です。内容はロシア語ですがWebサイトで読めます。
 参考:GOST規格:ロシアの標準規格で民生品だけでなく兵器技術まで幅広くカバーしています。GOST規格はCIS(独立国家共同体:Armenia・Azerbaijan・Belarus・Georgia ・Kazakhstan・Kyrgyzstan ・Moldova・Russia・Tajikistan・Turkmenistan ・Ukraine・ Uzbekistanの12カ国で構成)に適用されます。GOST-R規格(GOSSTANDART of RUSSIA)の場合はロシアだけに適用されます。

3.GOST-R適合証明書

ロシア連邦法FZ-No.982(2009年12月1日)により、ロシアへ製品(商品)を輸出する際、多くの場合、輸出製品にGOST規格への「GOST-R適合証明書」が求められています。
 GOST-Rには、ロシア企業が取得する「GOST-R適合申告書」と、基本的に製造会社が取得する「GOST-R適合証明書」があります。「GOST-R適合証明書」には、強制認証(法的に取得が義務付けられているもの)と自主認証(法的な義務はないが自分の意志で任意にとるもの)との2種類があります。
 対象製品は農産品、食品、飲料、アルコール類、化粧品等を除くほぼすべての製品が対象で、申請には以下が要求されます。

(1)製品のHS コード
(2)製品名(英語)
(3)仕様書・取扱説明書(英語)
(4)製品が複数の場合は製品リスト
(5)製造者情報
(6)製品の品質・安全性を保証する書類(ISO9001、CE 試験レポート+適合宣言書、等)
(7)GOST-R 申請書、他
 家庭用電化製品、低電圧機器、照明機器やパソコンなどは、通関時(税関)に「強制適合証明書(certification)」の提示が要求されます。「GOST-R適合証明書」は、ロシア市場において消費者への規格適合性の証拠としての意味もあります。

4.新たな動き

GOST-Rはソ連時代に制定された認証制度で、他国との安全基準が異なることや技術進歩もあり、他国の安全基準と共通性の高いTR(Technical Regulations)という認証制度による「TR適合証明書」の発行に移行してきています。
 2013年2月15日から「低電圧機器に関する安全・技術規則」「電磁両立性(EMC)に関する安全・技術規則)「危険な場所で使用される作業用設備に関する安全・技術規則 」「機械・機器に関する安全・技術規則」の安全・技術規則が適用開始となり、今までの「GOST-R適合証明書」「TR適合証明書」に代わって「関税同盟適合申告書/適合証明書」が求められます。
 「関税同盟適合申告書/適合証明書」は、従来の食料品・飲料品、および人の肌に触れる製品等の安全性を証明する「衛生証明」が関税同盟(ロシア・カザフスタン・ベラルーシ)の発足に伴い改定されたもので、「関税同盟国家登録証明書」の取得が義務付けられているのは以下のような製品です。
 なお、この証明書は一度取得すると無期限で有効です。

(1)低電圧機器
(2)調理用機械
(3)住宅設備機器
(4)家電品
(5)暖房機器
(6)農業用機械、
(7)食品(ダイエット食品・栄養補助食品を含む)
(8)飲料(ミネラルウォーター・酒類を含む)
(9)化粧品、香水など、肌に触れるもの
(10)衣料、シーツ、タオルなど人体に接触するもの
(11)食品のパッケージングに使われる材料
(12)玩具類
(13)塗料等
(14)消毒剤
(15)殺虫剤
(16)化粧品 など

今後、関税同盟はCIS諸国も加盟する方向で加盟国が増えていく見込みです。
 工業製品 申請では、製品の詳細として、製品の仕様、スペックがわかるファイル、化学製品、食品類:組成表、成分表、SDS等が要求されます。SDSはGOST 30333とGOST 31340から作成します。

ロシアの法規制は馴染みがなく、また、複雑な制度ですが、ネットなどで様々な情報が流れています。ネットから基本情報は得られます。例えば、低電圧規則」対象製品は冷蔵庫、電気ストーブや電子レンジなどがHSコードで特定されていますが、Webサイトから詳細が日本語(若干機械翻訳的ながら)で入手できます。

ロシアの規制動向を見ると、EU RoHS指令やREACH規則との整合も近いように見えます。

(松浦 徹也)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ