本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

13.02.08

中国・台湾の最近の情報から

1.中国「現有化学物質名録(2013年版)」の公表

中国2010年10月に施行された「新規化学物質環境管理弁法」では、新規化学物質の登記が求められています。本法が適用される新規化学物質は「現有化学物質名録」に収載されていない物質ですが、2010年版の「現有化学物質名録」が公表されていました。しかし、2010年版に物質が追加されたとの情報はありましたが、その詳細はよくわかりませんでした。また、名録を購入すれば、リスト物質を確認するかWEBで検索がすることができました。
 今回、2013年1月31日に中国環境保護部から収載物質が更新され、「現有化学物質名録(2013年版)」がPDFデータとして公表されました1)

公表された物質数は下記の通りです。

  物質数 公表内容
物質名が公開されているもの 42,342 物質の中国名・英語名(あれば、それぞれの中国・英語別名)、分子式、CAS番号またはシリアル番号
物質名が秘密にされているもの 3,270 一般名、シリアル番号
合  計 45,612  

シリアル番号は、CAS番号がない物質に付されています。

物質名が秘密にされている公表された一般名からだけでは、その物質の化学式や構造はわかりません。類似の新規物質については、CRCに問い合わせ新規性を確認することには変わりはありません。

2.台湾「毒性化学物質管理法」の改正―新規物質登録制度の制定状況

台湾の既存化学物質の増補届出が2012年8月に終わり、2012年12月22日に既存物質インベントリーの増補版が公表されました2)
 既存化学物質の届出は、約5,500社から79,000以上の物質について37万件の届出がありました。このうち約1%について企業秘密の申請がされています。インベントリーから物質名(中国名、英語名)、CAS番号あるいはシリアル番号から物質を確認できます(ただし、シリアル番号は一般には公表されていません)。
 一方、化学物質の届出制度の構築のため、「労工安全衛生法」および「毒性化学物質管理法」の改定の検討が進められています。両法ともに行政院を通過し、立法院で審議が進められています。

両法の改定案はすでにWTOにTBT通告されています。
 「労工安全衛生法」:2011年7月4日
 「毒性化学物質管理法」:2012年12月21日
 「毒性化学物質管理法」の通告文書によりますと、立法院での成立は2013年3月とし、施行は1年後の2014年3月の予定としています。

これらの法律が施行されますと、新規物質、指定物質の登録が必要になります。

1) http://www.mep.gov.cn/gkml/hbb/bgg/201301/t20130131_245810.htm
2) http://csnn.cla.gov.tw/content/Substance_home.aspx

(林  譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ