本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

12.08.31

REACHにまつわる最近のニュースから(29)―英国からdeca-BDEをSVHCとする提案書が出されました-

新しいSVHC提案の動きがありましたので、前回に続きその概要を紹介します。

前回のコラムでは、2012年8月20日時点のECHAの「Registry of Intention」の内容をまとめて紹介しましたが、筆者の手違いにより、表2の2012年8月6日時点で附属書XVが提出済みの物質のうち以下の2物質がリストから漏れていました。

物質名 CAS番号 提案者 附属書XV提出日 提案理由
ノニルフェノール
〔炭素数9の直鎖および分岐のアルキル の全ての異性体の単独物、および、混合物(UVCB)〕
Germany 2012/8/6 EQC
ビス(ペンタブロモフェニル)エーテル(decaBDE) 1163-19-5 英国 2012/8/6 PBT

附属書XVが提出された物質は、前回13物質と紹介しましたが、上記2物質を加えて15物質となります。

また、表1の附属書XVが2012年8月21日に提出される物質として、20日以降に以下の物質が追加されていました。

物質名 CAS番号 提案者 提案通知日 提案書提出予定日 提案理由
N,N-ジメチルフォルムアミド;DMF 68-12-2 Sweden 2012/6/11 2012/8/21 CMR

これらの物質がすべてcandidate listsに収載されますと、前回のコラムでは今年末までにSVHCは135物質が特定されると計画と紹介しましたが、これは138物質になります。

今回のコラムでは、deca-BDEについて英国から提案された附属書XVの文書の概要と工業界から出されているコメントの内容を紹介します。

属書XVの概要は以下の通りです。

  • deca-BDEは、ヨーロッパの環境中に、主に底質中や土壌中に、乾燥重量でkg当たり数mgにも達する濃度で検出されている。また、多くの地域の水生?陸生野生生物種(例えば鳥の卵のようなセンシティブな成長期にある組織も含めて)の多くに存在している。それらの組織内の濃度は低い(検出限界レベル)が、高級捕食動物では、乾燥重量kg当たり数百μg濃度にもなっている。
  • 底質および土壌におけるdeca-BDEの1次半減期は180日以上であり、附属書XIIIの基準に従えば難分解性である。入手可能なデータからは、1年以上の時間スケールで見ると、deca-BDEは、個々の量が0.1%以上で底質や土壌中で、PBT/vPvB特性を有する物質、あるいは、PBT/vPvB特性を有する物質の前駆体に変化する確率が高いと結論することができる。生体内でのこのような物質への変化が起こると、生物への暴露は他の経路によっても起こることになる。難分解性と環境中に広く分散するとことが組み合わさって、生物中の生涯での曝露および取込みが起こり、また、非生物的と生物的の変化による分解生成物の長期的な供給源を形成することになる。
  • 現在入手できる証拠によって、deca-BDEはREACH規則の附属書XIIIのPBT/vPvB物質を生成する物質の定義を満たし、従い、57条(d)および(e)の基準に適合するものである。

ビフェニールエーテルには10個の水素分子があります。この10個の水素のうち、臭素に置き換わるのは1個から10個まで複数があり、それらは総称してPBDEと呼ばれます。今回の提案のdeca-BDEは、10個の水素全てが臭素に置き換わっている物質で、以下のように表わされます。

上述しました提案書の要約の中での、deca-BDEの変化(分解)物のPBT/vPvB特性を有する物質としては、ビフェニールエーテルの水素が8個、あるいは5個の臭素に置き換わったocta-BDE、あるいは、penta-BDE等が挙げられています。deca-BDEからの変化を見ますと、2個、あるいは、5個の臭素が水素に置き換わった、すなわち分解したものです。

octa-BDEはREACH規則の附属書XVIIに収載されており、制限物質となっています。penta-BDEも、REACH規則の附属書XVIIに収載されていましたが、委員会規則(EU)No 757/2010(いわゆるPOPs禁止規則)により、混合物や成形品に10ppm以上の含有が禁止され、それに伴い2011年にREACH規則の附属書XVIIから削除されています。

欧州難燃剤協会(European Flame Retardants Association;EFRA)からは、この提案書の結論に同意できない、deca-BDEについては、環境や健康のリスクは示されていないことを信じ続けるとコメントが出されています1)。理由としては以下を挙げています。

  • deca-BDEは難分解性であり、それゆえ臭素が脱離する分解が起こったとしても徐々で、かつごく一部しか起こらない。この分解に関する説明では、その速度や生成率についての説明は曖昧である。
  • deca-BDEに、言葉だけで附属書XIIIの説明が適用されると、附属書XIIIのPBT/vPvBの基準を満たす物質がごく微量生成しても、その(出発)物質が自動的にSVHCと分類される先例となる恐れがある。

EFRAでは、上述の立場で附属書XVの提案文書の内容が不正確であることを明確にするために、今後の積極的にコンサル活動に参加し、意見を述べるとしています。

附属書XVの提案書によりますと、deca-BDE はEU域内では1999年以降生産されていません。しかし、2010年には約1万トン程度輸入されていたようで、登録がされています。

付属書XIIIでは、SVHCの特定に、物質の分解生成物も考慮に入れなければならないことになっていますが、上述しましたEFRAの指摘のようにこの判断は大変難しいことでしょうが、多くの場合にこの判断については慎重な対応が必要になりそうです。

なお、RoHS指令では臭素化されたビフェニールの臭素数に関係なくPBDEと表現されて、均質材料あたり1,000ppm以上含有する電気電子機器の上市が禁止されています。このうち、指令が施行された初期にdeca-BDEが除外項目となっていましたが、その後市販されているdeca-BDEには、今回分解して生成するといわれているocta-BDEやpenta-BDE等が不純物として含有されていることから、この除外が取り消されています。

これらの状況ですので、EUでの今後の動向を注視していきたいと思います。

1)
http://www.cefic-efra.com/index.php?option=com_content&view=article&id=5752&catid=34&lang=en
http://www.cefic-efra.com/images/stories/Position_Paper/efra_statement_annex%20xv_dossier_2012-08-07.pdf

(林  譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ