本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

12.07.13

REACHにまつわる最近のニュースから(26)―第4回附属書XIV収載勧告物質、Candidate Listsの状況-

今回は落ち穂拾い的になりますが、前回のコラム以後のREACH関連のニュースを取りまとめて紹介します。

1.第4回の附属書XIV収載勧告物質

2012年6月20日に、ECHAから第4回の認可対象物質とする附属書XIV収載する勧告物質が発表され、9月19日まで意見募集が行われています。勧告された10物質を表に示します(表中の#は筆者が付加)。#5は、2011年6月20日にCandidate Listsに収載され、その他は2011年12月19日に収載されています。

表1
# 化学物質名
収載日
candidate lists EC No. CAS No. 主な用途
1 クロム酸八水酸化五亜鉛 2011/12/19 256-418-0 49663-84-5 金属防蝕剤
2 ヒ酸 2011/12/19 231-901-9 7778-39-4 セラミックガラス脱泡剤、
多層基板製造。
3 フォルムアルデヒド、アニリンとのオリゴマー状の反応生成物(工業的MDA) 2011/12/19 500-036-1 25214-70-4 合成原料、エポキシ硬化剤
4 ヒドロキシオクタオキソ二亜鉛酸二クロム酸カリウム 2011/12/19 234-329-8 11103-86-9 金属防蝕剤
5 クロム酸ストロンチウム 2011/6/20 232-142-6 7789-06-2 金属表面処理剤
6 1,2-ジクロロエタン 2011/12/19 203-458-1 107-06-2 合成原料、溶剤
7 トリス(クロム酸)二クロム(Ⅲ) 2011/12/19 246-356-2 24613-89-6 金属表面処理剤
8 2,2'-ジクロロ-4,4'-メチレンジアニリン(MOCA) 2011/12/19 202-918-9 101-14-4 ポリマー架橋剤、合成原料
9 N,N-ジメチルアセトアミド(DMAC) 2011/12/19 204-826-4 127-19-5 工業用溶剤
10 ビス(2-メトオキシエチル)エーテル 2011/12/19 203-924-4 111-96-6 合成用溶剤、電池用電解質溶剤

今回でCandidate Listsに収載されている物質(SVHC)のうち六価クロム化合物、コバルト化合物のすべてが附属書XIVに収載されることになります。

#3の「フォルムアルデヒドとアニリンとのオリゴマー状の反応生成物」は工業的な製品でUVCBですが、60%以上のMDAを含有している物質と説明されています。構造式としては、下記のように示されています。

なお、MDAについては、「4,4'- Diaminodiphenylmethane 」 が第1回目に附属書XIVに収載されています。構造式は下記の通りです。

#8の「2,2'-ジクロロ-4,4'-メチレンジアニリン(MOCA)も、上記の2物質と同様にエポキシの硬化剤に用いられますが、下記に示しますように基本構造は同じです。3つの化合物に共通してベンゼン核にアミノ基(NH2-)が付いています。

ECHAは、9月19日までに寄せられた意見を考慮して、最終の勧告案を欧州委員会に提出します。第3回の勧告物質については未だ最終の決定はされていませんが、今回の勧告物質も含めてすべてが附属書XIVに収載されますと、附属書XIVに収載の認可対象物質数の合計は37物質となります。

REACH規則では、ECHAは少なくとも2年に1回勧告を行う規定になっています。ECHAは当面の義務を果たしているとも考えられますが、Candidate Listsに収載されている残りのSVHC37物質が、今後どの程度の頻度で勧告案を提出するか気になるところです。

2.Candidate Listsについて

Candidate Listsに収載されている物質(SVHC)は現在84物質となっています。2012年6月22日のコラムでは、新たに13の物質がSVHCに追加されたことを紹介しました。また、6月18日に追加決定が正式に公表されました1)。その公表では、従来の73物質に13物質が追加されましたのでSVHCは86物質になるところですが、84物質に修正されています2)。その理由は、2010年1月にSVHCに特定されていた2種のセラミック繊維の組成は、2011年12月に特定されたセラミック繊維の組成の範囲内にあることから、前者のセラミック繊維を後者に統合する措置が取られました。そのため2物質が削除されて84物質となりました。

1)
http://echa.europa.eu/web/guest/view-article/-/journal_content/6fd1bfe8-8618-4b9b-b0ef-30234108c7f4
2)
http://echa.europa.eu/web/guest/candidate-list-table

(林  譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ