本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

11.05.20

REACHにまつわる最近のニュースから(9)

登録情報の公開―登録者、登録番号の公開-について

2011年5月11日に、ECHAは登録情報の中からSDS記載されている登録者名等の情報を、近々公開すると発表しました1)
 すでに登録されている既存化学物質のうち、5月6日現在で4071物質の情報が公開されています2)
 基本的には、REACH規則第119条で規定されている以下の情報が公開されています。

  • IUPAC化学名
  • EINECSでの名称
  • 分類とラベリング
  • 物理化学的性質と環境中の運命
  • 毒性および生態毒性調査結果
  • 無影響レベル(DNEL)あるいは予想無影響濃度
  • 安全使用法
  • 環境に放出された危険物質および人直接曝露を決定するための分析方法

なお、第118条(2)では、企業の以下の情報は、商業上の利益保護を損ねるものと見なされています。

  • 混合物の詳細な組成
  • 物質または混合物の正確な用途、機能または応用
  • 物質または混合物の正確な製造/販売トン数
  • 製造業者/輸入業者とその販売業者/川下ユーザーとの関係

第118条(2)の非公開とする情報には、今回公開が決定された登録者名等は含まれていません。登録者名に加えて、登録番号や登録物質がPBTあるいはvPvBの基準に合致するかどうかについても公開することが検討されています。

ただし、有害性物質の登録者は、商業上の利益を守るために、有効な正当性を提供し、必要な手数料を納入し、ECHAが承認すれば、その情報を機密にすることができます。

今回、公開する情報を拡大することになりましたのは、European Commission Services(欧州委員会サービス)の法解釈とその管理委員会のアドバイスに従うものであるとしています。
 ただ、公開にあったては、IUCLIDとREACH-ITの修正が必要であり、直ちに公開はされません。また、登録者には、登録文書に秘密保持の要求を追加するために十分な時間は与えられることになっています。

ECHAが登録者名等の情報公開することになりましたのは、欧州の環境保護団体(ChemSecおよびClientEarth)が、ECHAは有害物質の製造者名の公開を拒否しているのは、REACH規則の目的の1つである化学物質の安全でない使用を禁止することによる一般市民の健康の保護の防止、および環境情報の公開に関するEUの透明性のある法律に違反しているとして、情報公開を求める訴えを起こしたことへの対応と考えらえます3、4)
 なお、ChemSecは、REACH規則に従って直ちに代替すべき物質リスト“SIN(Substitute it Now!) List”として、“the SIN List 2.0”で378種類の物質を公表しています。これらの物質は、将来、SVHCとしてさらには附属書XIV収載の認可対象物質とされる可能性があり、使用に当たっては代替も含めて注意して置かなければならないと考えています5)

1)http://echa.europa.eu/news/pr/201105/
pr_11_09_ECHA_to_publish_more_info_on_chemicals_en.asp

2)http://apps.echa.europa.eu/registered/registered-sub.aspx
3)http://www.chemsec.org/news/news-2011/
742-eu-court-case-chemsec-and-clientearth-fights-for-names-of-toxics-producers-to-be-made-public

4)http://www.chemsec.org/news/news-2011/
743-echa-takes-first-step-towards-disclosing-information-on-producers-of-hazardous-chemicals

5)http://www.chemsec.org/list/about-sin
 http://www.chemsec.org/images/stories/2011/chemsec/SIN_List_2.0_all_378.pdf

(林 譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ