本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

11.04.28

ELV指令附属書II改正委員会指令の公布

EU委員会は3月31日にELV指令(2000/53/EC)の附属書II(適用除外リスト)を改正する委員会指令(2011/37/EC)を官報で公布しました。

本文の構成は以下の3条です。

(第1条)
ELV指令2000/53/ECの附属書IIは今回公布された委員会指令(2011/37/EC)の附属書に置換えられます。

(第2条)
加盟国は最遅2011年12月31日までに、この委員会指令への準拠に必要となる国内の法律、規則および行政規定等の見直しをしなければなりません。

(第3条)
この指令は、EU官報の発行20日後に発効します。

以下に委員会指令(2011/37/EC)前文の内容を紹介いたします。

  1. ELV指令2000/53/ECはそこに指定されている条件以外には、2003年7月1日以降に上市される車両の材料、部品に鉛、水銀、カドミウムまたは六価クロムの使用禁止の除外を附属書IIにリストしている。
    上記の附属書IIは指令2000/53/ECの第4条(2)(b)に従って、委員会により科学と技術の進歩が適合されるべきである。
  2. 指令の附属書IIのリストの除外リストで付与されている除外期限日以前に上市されている車両は、材料、部品中に指令2000/53/ECの附属書IIにリストされていない鉛、水銀、カドミウムまたは六価クロムを含んでいるかも知れない。
  3. 鉛、水銀、カドミウムまたは六価クロムを含んでいる特定の材料と部品は、指令2000/53/ECの第4条(2)(a)に規定される含有禁止の除外を継続すべきである。なぜなら、特定の材料や部品中のそのような物質の使用はいまだに技術的または科学的に回避ができないからである。禁止物質の使用が回避できるまで、適用除外の期限日を延長することは妥当である。
  4. 排熱の回収により、CO2の排出削減を行うアプリケーション中の自動車の熱電気材料中の鉛の使用は現状では技術的科学的に避けられない。それ故、これらの材料は、指令2000/53/ECの第4条(2)(a)に規定されている禁止から一時的に除外さるべきである。
  5. 鉛、水銀、カドミウムまたは六価クロムを含んでいる特定の材料と部品は、除外期限を設けずに指令2000/53/ECの第4条(2)(a)に規定されている禁止からの除外を継続すべきである。何故なら、指令の附属書IIにリストされている特定の材料と部品の材料使用は、いまだに技術的あるいは科学的に不可避である。
  6. 2003年7月1日以前に上市されている車両に使用される2003年7月1日以降に上市される予備部品には、指令2000/53/ECの附属書IIは第4条(2)(a)の適用除外が規定されている。当該条項に規定されている禁止の発効以前に上市されている車両の修理には車両がオリジナルに装備されていた部品と同様の品質と安全性に適合するよう求めている。
  7. 2003年7月1日以後に上市される車両のための予備部品で、指令2000/53/ECの附属書IIに付与されている除外期限以前の予備部品はその除外によりカバーされない。それ故、たとえオリジナルには重金属を含んでいた部品の代替に使用される場合であっても、それらの車両の予備部品は重金属を含んではならない(重金属フリー)。
  8. ある特定の場合には、車両システムの寸法および機能に対する変更が必要となるのでオリジナル部品以外の予備部品での車両の修理は不可能である。重金属を含んでいる部品でオリジナルに製造されている車両システムにはそのような予備部品は適用できなく、それらの車両は修理できず、早期の廃棄が必要となるかも知れない。それ故、指令2000/53/ECの附属書IIはそのような車両の修理が可能なように修正さるべきである。
  9. 2000/53/ECはそれに応じて修正されなければならない。
  10. この指令において規定される措置は廃棄物に関する2006年4月5日の欧州議会と理事会の指令2006/12/ECの第18条(1)の下で確立されている委員会の意見に従っている。

ELV附属書IIの直近の修正である2010年2月23日に官報公付されたCOMMISSION DECISIONによるELV附属書IIの修正と今回のCOMMISSION DIRECTIVEのELV附属書IIの変更部分との比較を以下に紹介します。

第4条(2)(a)からの除外材料および部品

材料および部品 除外範囲および除外期限 2010年2月23日委員会決定
合金成分としての鉛
1(a)重量比0.35%までの鉛を含んだ快削鋼およびバッチ式溶融亜鉛めっき鋼 1 快削鋼および亜鉛めっき鋼板
(今回の修正で、左記の1(a)と1(b)とに見直しされた)
1(b)重量比0.35%までの鉛を含んだ連続亜鉛めっき鋼板 2016年1月1日前に認定された車両とその車両向けの予備部品
部品中の鉛と鉛部品
10(a)ガラスまたはセラミック、ガラスまたはセラミックマトリクス部品、ガラスセラミック材またはガラスセラミックマトリクス部品中の鉛を含む電気電子部品
この除外は、以下の鉛の使用はカバーしない。
―バルブ中のガラスおよびスパークブラグのグレイズ
―10(b)、10(c)および10(d)にリストされている部品のセラミック絶縁材料
10 バブル中のガラスおよびスパークプラグのグレイズを除くガラスまたはセラミック部品中の鉛を含んだ電子部品
(今回の修正で、左記の10(a)、10(b)、10(c)及び10(d)に見直しされた)
10(b)集積回路またはデイスクリート半導体の一部であるコンデンサの絶縁セラミック材料に基づくPZT中の鉛
10(c)交流125Vまたは直流250V以下の電圧のコンデンサ絶縁セラミック材料中の鉛 2016年1月1日以前に承認された型の車両およびその車両向けの予備部品
10(d)超音波ソナーシステムの温度関連偏向を補償するコンデンサの絶縁セラミック材料中の鉛
12 排熱の回収によるCO2削減についての自動車の電気的応用における鉛含有熱電気材料 (今回の修正において新規追加となった)
六価クロム
14 トレーラーの吸収冷蔵庫の炭素鋼クーリングシステムの防食剤として他の冷却技術の使用が可能である場合(例えば、トレーラーの応用のための市場が利用できる)を除き、冷却ソリューションにおける重量比0.75%までの使用および環境、健康および/または消費者安全に負のインパクトを与えない 13 トレーラーの吸収冷蔵庫
(今回の修正で新たに上記12項が追加されたため、2010年2月23日委員会決定の12項が今回の附属書では13項となり順次項番が繰り下がっている。従い13項であったものが14項となり、左記のように変更されている)

(瀧山 森雄)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ