本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

10.12.10

REACHの11月30日期限の登録とSVHCについて

1.登録の状況

2010年11月30日に、REACH規則の段階的導入物質の最初の登録が終わりました。 登録義務のあったものは以下の3分類の物質です。

  • 年間1,000t以上の物質
  • 年間1t以上のCMR物質
  • 年間100t以上の水生生物毒性物質(R50-53)

登録物質数は段階的導入物質の3,400を含めて4,300、登録ドシエ数は2万4,675件(2010年期限は2万723件)との発表がありました1)。予備登録からは、物質数は約4,700、登録ドシエ数は2万5,000-3万8,000件と予測されていましたが、予備登録された物質や件数は予測より少なかったようです。

内訳は以下の通りです。

登録の種類 提出ドシエ数 登録完了
合計 2010年期限 合計 2010年期限
通常の登録 19,702 17,174 14,265 12,312
輸送用の分類された中間体 3,544 2,692 2,699 1,979
オンサイトで分離された中間体 1,429 857 1,037 492
合計 24,675 20,723 18,001 14,783

共同提出と個別登録の内訳は以下の通りです。なお、このうち唯一の代理人による提出は19%です。2011年2月末までには、すべてのドシエがチェックされ詳細なデータが公表されます。

       内訳 リード登録者当たりの
メンバー平均数
共同提出:リード登録者 12%       
共同提出:メンバー登録者 82% 6.7
個別登録者 6%       

約400のCMR物質は、150以上の水性毒性物質が登録されているとのことですが、Candidate-ListのSVHCのうち27物質が登録されていると発表されています。登録された段階的物質のリストを確認しますと、つぎの26物質が登録されていることがわかりました。

# SVHC EC#
1 4,4'-ジアミノジフェニルメタン 202-974-4
2 アクリルアミド 201-173-7
3 アントラセン 204-371-1
4 アントラセンオイル 292-602-7
5 アントラセンオイル、ペースト 292-603-2
6 アントラセンオイル、ペースト、軽質留分 295-278-5
7 コールタールピッチ、高温 266-028-2
8 アントラセンオイル、低 292-604-8
9 フタル酸ブチルベンジル 201-622-7
10 フタル酸ビス2-エチルヘキシル 204-211-0
11 フタル酸ジブチル 201-557-4
12 フタル酸ジイソブチル 201-553-2
13 ヘキサブロモシクロドデカンおよびすべての主要な異性体 247-148-4
14 トリス(2-クロロエチル)ホスフェート 204-118-5
15 トリクロロエチレン 201-167-4
16 ピグメントレッド 104 235-759-9
17 ピグメントイエロー 34 215-693-7
18 ホウ酸 233-139-2
19 四ホウ酸二ナトリウム無水物 215-540-4
20 クロム酸ナトリウム 231-889-5
21 クロム酸カリウム 232-140-5
22 二クロム酸ナトリウム 234-190-3
23 二クロム酸カリウム 231-906-6
24 三酸化ヒ素 215-481-4
25 ビストリブチルスズオキシド 200-268-0
26 二塩化コバルト 231-589-4

注) #は筆者の整理番号。

#19の四ホウ酸二ナトリウムについては、無水物以外に水和物もCandidate-Listに収載されています。登録物質リストには水和物はリストされていませんが、登録では無水物と水和物は同一物質とされていますので、発表の27物質には水和物も含めているのではないかと考えています。

2010年12月1日までにCandidate-Listに収載されたSVHCについては、成形品に0.1%以上含まれている場合、その用途が登録されていますと届出は不要となりますが、1t以上になりますと、2011年6月1日までに届出が必要です。
 登録物質の情報については、企業秘密以外のものが公表されます。すでに186物質について公表されています。その情報には、用途の情報も公表されています。2010年以前に登録された未公表の情報は、2011年3月1日以降には公開されます2)。例えば、樹脂の可塑剤として広く使用されている4種類のフタル酸エステル類については、登録に可塑剤の使用として登録されていますと、届出は必要がないことになります。ただし、供給先や消費者から要求があった場合の情報提供は、登録されていましても義務は引き続きあります。

2.Candidate-Listへの収載、附属書XIV物質の状況

2010年8月30日に、11物質がCandidate-Listへの収載のためのパブコメが募集されていました3),4)。11物質のうちトリクロロベンゼンの3種類の異性体はSVHCに特定できないが、残り8物質をCandidate-Listへ収載することが加盟国委員会で合意されました(12月3日発表5))。8物質のうち2-エトオキシエタノール以外は登録されています。
 また、2010年7月1日に発表された附属書XIVに収載する認可物質8物質の勧告案6)についても加盟国委員会が合意しました5)。この結果、附属書XIV収載される物質は2009年6月1日に出された勧告案の中の6物質4)と合わせて14物質となります。

1) http://echa.europa.eu/news/pr/201012/pr_10_23_registration_deadline_20101201_en.asp

2) http://echa.europa.eu/news/na/201010/na_10_59_dissemination_20101018_en.asp

3) http://echa.europa.eu/doc/press/pr_10_16_svhc_consultation_20100830.pdf

4) http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/100924.html

5) http://echa.europa.eu/news/pr/201012/pr_10_24_msc_20101203_en.asp

6) http://echa.europa.eu/consultations/authorisation/draft_recommendations/recommendations_en.asp

(林  譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ