本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

10.07.16

第2回の附属書XIV(認可対象物質リスト)収載勧告物質のパブリックコメント開始の発表

2010年7月1日に、ECHAは第2回の附属書XIV(認可対象物質リスト)に収載を勧告する候補として、8物質を発表し、2010年9月30日まで意見、特に認可要求から除外する用途に関するコメントの募集が開始されました。今回の8物質は、2010年1月13日にSVHCとして特定された物質から、優先するものとして出されています。第1回に勧告された7物質と合わせますと、合計15物質となります。これらの状況を以下の表にまとめました。
 今回、DIBPが勧告されています。前回、DEHP、BBP、DBPの3種類のフタル酸エステルが勧告されています。これらの4種類のフタル酸エステルは、いずれも生殖毒性カテゴリ2の有害性があることからSVHCに特定されています。そのため、先の3種の"Sunset date"と、今回勧告されたDIBPの"Sunset date"をできるだけ近づけるとしています。 

  candidate list パブリックコメント期間 candidate list公布日 附属書XIV収載優先物質(認可対象物質)勧告のためのパブコメ期間 欧州委員会への附属書XIV収載勧告日(認可対象物質) 附属書XIV収載日から認可申請期限日までの期間 附属書XIV収載公布日からSunset dateまでの期間
第1回 附属書XIV(認可物質リスト)収載の勧告
5-tブチルー2,4,6トリニトロ‐m-キシレン(ムスクキシレン) 2008年6月30日

2008年8月13日
2008年10月28日 2009年1月14日

2009年4月14日
2009年6月1日 24カ月後 42カ月後
4,4'-ジアミノジフェニルメタン(MDA) 24カ月後 42カ月後
短鎖塩素化パラフィン(C10~13)(SCCP) 27カ月後 45カ月後
ヘキサブロモシクロドデカン(および全ての主要なジアステレオマー) 27カ月後 45カ月後
フタル酸ビス2-エチルへキシル(DEHP) 30カ月後 48カ月後
フタル酸ベンジルブチル(BBP) 30カ月後 48カ月後
フタル酸ジブチル(DBP) 30カ月後 48カ月後
第2回 附属書XIV(認可物質リスト)収載の勧告
フタル酸ジイソブチル(DIBP) 2008年8月31日

2009年10月15日
2010年1月13日 2010年7月1日

2010年9月30日
最短12カ月 最短30カ月
三酸化二砒素 18カ月後 36カ月後
五酸化二砒素 18カ月後 36カ月後
クロム酸鉛 21カ月後 39カ月後
ピグメントイエロ‐34 21カ月後 39カ月後
ピグメントレッド‐104 21カ月後 39カ月後
リン酸トリス(2-クロロエチル) 24カ月後 42カ月後
2,4-ジニトロトルエン 24カ月後 42カ月後
 

しかし、認可申請のために少なくとも12カ月に期間を取るとしています。認可申請は"Sunset date"の18カ月前まで出すことが求められています。これらの関係を以下の図に示します。この図からわかりますことは、第2回の勧告の附属書XIV収載決定は、第1回の収載決定から遅くても18カ月後までには出されることになります。

   

欧州委員会に、2009年6月1日にECHAからの第1回の附属書XIVに収載する7物質を認可対象物質とする勧告が提出されていました。しかし、1年以上経過した2010年7月10日現在、欧州委員会からは収載決定の発表は出されていません。REACH規則には、欧州委員会が勧告を受領してから決定までの期限についての規定が設けられていませんが、少し時間がかかり過ぎているように思います。この原因についての詳細な情報を入手できていませんが、CLP規則の発効に伴い、"制限条件の不整合"や"認可要求を除外する用途"の説明理由に矛盾があるために、紛糾しているのではないかと想像します。
 次回のコラムでは、"除外の理由"の説明から、少し話題のもととなる情報を紹介したいと思います。

(林  譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ