本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

09.10.30

米国TSCA改定の動き

「Change」を掲げるオバマ政権のもとで、環境についても種々の政策の改革が検討されおり、TSCA(有害物質規制:Toxic SubstancesControl)についても見直しが進められています。2009年9月29日には、米国環境保護庁(EPA)長官、Ms.Lisa P. Jacksonが、TSCAの改定方針を発表しています注1)

発表では、1976年に制定されたTSCAは環境保護のためには重要なステップであった。しかし、最近生まれてくる子供の血液中には287種類の化学物質が見い出されている。このような現状を考えると、化学物質に対するリスクから人の健康や環境を守るには、現在のTSCAで21世紀の化学工業を管理するのは適切でないとしています。改定に当って、次の6項目の原則注2)で、議会と協力して進めるとしています。

  1. 化学物質は、人の健康と環境を保護する科学とリスクに基づいた安全基準で再評価されるべきである。
  2. 製造者は、新規化学物質および既存化学物質が安全であり、公衆の健康と環境を危険にさらさないことを結論するための必要な情報をEPAに提出しなければならない。
  3. EPAは、化学物質が安全基準に合致しないときには、子どもの健康への影響、経済的なコスト、代替品の有無などを考慮してリスク管理をとることができる権限を持つべきである
  4. 製造者、EPAは既存化学物質と新規化学物質から優先的に取り組む物質を適宜選び、評価を行うべきである。
  5. グリーンケミストリーが奨励され、情報と透明性と公衆がアクセスできることが保証されるべきである。
  6. この実施のために、EPAには十分な予算が与えられるべきである

TSCAがどのように改定されるかの情報はまだありませんが、内容的にはREACH規則の条項と酷似しています。改定に当っては、EU、各国で異なる規制が出ると企業にとっては負担が大きくならないように配慮すべきとの意見も出ています。

改定スケジュールは、温暖化防止や健康保険に関する法令が先行されるようですが、環境保護団体等からは、今年中に改定されるよう要望されています。

注1
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/8d49f7ad4bbcf4ef
852573590040b7f6/fc4e2a8c05343b3285257640007081c5!OpenDocument

注2
http://www.epa.gov/oppt/existingchemicals/pubs/principles.html

(林  譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ