本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

09.06.05

欧州委員会へのREACH附属書XIVリスト物質(認可対象物質)の最初の勧告

2009年1月14日に、ECHAから附属書XIVに優先してリストする7物質が提案、公表され、4月14日までパブリックコンサルテーションが行われていました。併せて、ECHAの加盟国委員会でもこの提案が検討され、これに同意する意見が採択されました。その結果、ECHAから、REACH規則で定められている通り、加盟国委員会の意見を考慮して、6月1日までに最初の勧告を欧州委員会へ提出すると、2009年5月26日に発表がありました(注1)。

今回は、この発表の概要をご紹介します。

附属書XIVに最初にリストされる7物質を改めて以下に示します(「:」以降は用途の例示)。

  • ムスクキシレン:洗剤、織物柔軟剤等に使われる香料増強剤
  • 4,4`-ジアミノジフェニルメタン(MDA):エポキシ樹脂、接着剤等に使われる硬化剤
  • 短鎖長塩素化パラフィン類 (SCCPs) :高機能性ゴム、シーラント、塗料や織物コート剤等に使われる、難燃剤および/または可塑剤
  • ヘキサブロモシクロドデカン(HACDD):断熱パネルや梱包材等に加工されるポリスチレンや織物等に用いられる難燃剤
  • フタル酸ジ(2-エチルヘキシル) (DEHP):PVCや他のポリマー等やシーラント、接着剤、インク等の調剤に用いられる可塑剤
  • フタル酸ブチルベンジル(BBP):ポリマー、特にPVC用途やシーラント、コーティング材やインクあるいは接着剤に用いられる可塑剤
  • フタル酸ジブチル(DBP):PCV、PVC以外の種々のポリマーの可塑剤や接着剤や塗料成分として用いられる可塑剤

加盟国委員会は、以下の点を除いてECHAの勧告ドラフトに同意しています。

  1. MDA、DEHP、DBPおよびBBPの絵の具(artists paints)用途の除外提案は支持しない。
  2. 金属加工および皮革の加脂に用いる1wt%以下の混合物中のSCCPを認可要求から除外するECHAの提案についての意見は持ち越した。さらに法的な分析が必要である。

また、6加盟国から加盟国委員会の議事録に、主に建設に用いられる断熱材用のポリスチレンボードの製造に使用する際に認可が必要である場合、特に小規模事業者へのインパクトがあり、HBCDDを優先勧告することに懸念があるとする意見が付けられているとのことです。

最終的な勧告内容の詳細がどのようになるか気になるところです。コミトロジー手続きを経て、附属書XIV掲載物質が欧州委員会により決定されます。

注1:
  http://echa.europa.eu/doc/press/ni_09_07_first_svhc_20090526.pdf

(林  譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ