本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

08.12.12

REACH-IT、一式文書提出およびヘルプデスクの年末、年始の対応

ECHAから年末、年始 (12月15日から1月5日まで) のREACH-IT、一式文書提出およびヘルプデスクサービス対応について、2008年12月3日に「News Alert」が出ました。
 以下に、その内容を紹介します。

2008年12月15日までは、問い合わせ、登録およびPPORD一式文書の仮 (temporary) 提出手続きは行うことができます。REACH-ITは、データベースを更新しバージョンアップするために12月17日にクローズされます。オンラインサービスは、1月5日に再開されます。

REACH-ITは12月17日まで、サインアップや予備登録関係情報の検索および取得、2008年6月1日以前に旧法令によって届出した物質の新しい登録番号を要求のため継続利用可能です。
 ただし、2008年12月15日に仮 (temporary) 提出手続きはクローズされます。
 ECHAは、2008年12月15日以降は、仮 (temporary) 提出手続きにより送付される文書は受付けません。
 文書提出のeメールアドレスは閉鎖されます。すなわち、ECHAは一切の問合せ、PPORDまたは登録一式文書をそれ以後は受け取りません。

クリスマス期間前に製造または輸入物質の権利取得を希望する場合は、遅くとも12月15日までに急ぎ一式文書の提出が必要です。
 データ提出の新手続きの概要を掲載したWebページとマニュアルは仮 (temporary) 提出手続きの閉鎖後、すぐにECHA WebサイトのREACH-ITセクションに掲載されます。

REACH-ITは、2009年1月5日にオンラインでの一式文書提出が再開されます。
 REACH-ITは再開されると、PRE-SIEF機能が利用可能となります。ECHAのWebサイトで12月15日に提供されている改訂版インストラクションに従って問い合わせ、PPORDまたは登録一式文書の提出ができます。1月5日以降、ECHAは問い合わせ、PPORDまたは登録一式文書を電子メールあるいは登録されたメールで受け取ることはしません。

仮 (temporary) 提出手続きで、以前に問合せ、PPORDまたは登録一式文書を提出した企業は、登録または届出についての情報をREACH-ITに直接アクセスすることができます。

  • 2009年1月5日からの提出時間
    2009年は、一式文書の提出は東部欧州標準時間で月曜日の8時から金曜日の19時の間のみに利用できます。週末と祝祭日には提出できません。
  • ヘルプデスクの対応時間
    ECHAのヘルプデスクは、2008年12月19日 (金) にクローズし、2009年1月5日 (月)に再開します。

REACH-ITとIUCLID 5の使用について質問のある企業は、下記のECHA Webサイト上で利用可能な情報要求フォームによって当該の質問をしてください。
 http://echa.europa.eu/about/contact-form_en.asp
フォームは、12月19日まで利用可能で、1月5日から再び利用が可能となります。

REACH規則における、責任または義務に関する質問のある企業は、まず自国のヘルプデスクにコンタクトをしてください。各国のヘルプデスクは、EUのすべての国に設立されていて、自国語でサービスを提供しています。コンタクトリストは下記のURLで利用できます。

http://echa.europa.eu/reach/helpdesk/nationalhelp_contact_en.asp

もし、さらにアドバイスを要する場合は、自国ヘルプデスクから提出された問い合わせに対する返答のコピーを添えて、Webサイト上の情報要求フォーマットを使って、ECHAヘルプデスクにコンタクトをすることができます。

REACH-ITとIUCLID 5に関する最新のニュースは、ECHA Webサイトで利用可能です。特に、予備登録期限の終了に伴ったガイダンスを提供するために、予備登録セクションが数週間以内に更新される見込みです。そこには登録に関するREACH FAQ、REACH IT FAQおよびQ&Aの一般的な質問への回答が提供されます。Q&Aは定期的に更新されます。

(瀧山 森雄)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ