本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

08.10.24

ECHA(欧州化学品庁)の最近の発表から

REACH規則の予備要録期限をも余すところ、1ヵ月近くになりました。また、高懸念物質の決定の進捗も気になるところです。今回は、最近のECHA(欧州化学品庁)の発表された情報から、気になった事項を紹介します。

1.予備登録物質の中間発表から

2008年10月7日に、2008年10月1日までに予備登録された物質のリストが発表されています。 この物質リストを見てみますと、おもしろいことに、登録免除になっている物質が予備登録されています。例えば、水、水素、窒素、酸素、ヘリウム、ネオン、アルゴン、キセノン、デキストリン、スターチなどは登録免除となっていますが、予備登録されたリストに載っています。

これらのうち、比較工業的にも多く使われていると思われるものの登録期限で、2010年11月30日になっているものが、水、水素、窒素、ヘリウム、スターチ、2013年5月31日になっているものが、酸素、デキストリンとなっています。この予備登録された情報からは、これらの物質を予備登録したのは、比較的大きな企業ではないかと思います。

ECHAからは、先にEINECS(European Inventory of Existing Chemicals:欧州既存商業化学物質)にリストされた物質すべてを予備登録したにEU企業の予備登録を無効し、今後は本当に登録する物質だけを予備登録するように呼びかけていました。おそらくは、この呼びかけはEU域内の企業に対するものと考えられます。

この呼びかけは今回発表の予備登録リストには反映されていないかもしれないのですが、予備登録のリストを見る限り、必ずしも、REACH規則を施行するための広報活動の成果は、EU当局の期待にはほど遠いのではないかと感じます。また、EU域内でREACH規則の内容について、どのあたりの企業にまで周知されているか疑問に思えてくるところです。

それに引き換え、予備登録を始め、REACH規則対応のために払われている日本国内の企業に方々のご努力には頭の下がる思いまします。

2.最初の認可対象候補(candidate lists)15物質が決定

2008年10月7、8日に開かれたECHAの加盟国委員会で、先にパブコメが行われた16種類の認可対象候補物質のうち、次の14物質を認可対象候補物質に特定することに合意されました。

  • アントラセン
  • 4,4’-ジアミノジフェニルメタン
  • フタル酸ジブチル(DBP)
  • 二塩化コバルト
  • 五酸化二ヒ素
  • 三酸化二ヒ素
  • ニクロム酸ナトリウム
  • マスクキシレン
  • フタル酸ジ2-エチルヘキシル(DEHP)
  • ヘキサブロモシクロドデカン(HBCDD)
  • 短鎖長塩素化パラフィン(C10‐13)
  • ビス(トリブチル錫)オキシド
  • 一水素ヒ酸鉛
  • フタル酸ベンジルブチル(BBP)

また、トリエチルヒ酸については、パブコメでのコメントがなかったことから、このまま候補になっています。他方、シクロドデカンについては、まだ、十分なデータがないことから、今回は見送られています。

上記の15物質については、認可対象物質候補として10月中に、ECHAのWebサイトに正式に発表される予定です。

ECHAのWebサイト
 http://echa.europa.eu/home_en.asp

(林 譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ