本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

08.07.04

REACH規則のSVHCの候補物質の提案がされました

2008年6月30日にSVHCの候補物質の提案が発表されました。

今回発表されましたのは下記の16物質で、2008年6月30日〜8月14日の間にパブリックコンサルテーションが行なわれます。

  • アントラセン
  • 4,4'-ジアミノジフェニルメタン
  • フタル酸ジブチル(DBP)
  • シクロドデカン
  • 二塩化コバルト
  • 五酸化二ヒ素
  • 三酸化二ヒ素
  • ニクロム酸ナトリウム
  • マスクキシレン
  • フタル酸ジ2-エチルヘキシル(DEHP)
  • ヘキサブロモシクロドデカン(HBCDD)
  • 短鎖長塩素化パラフィン(C10‐13
  • ビス(トリブチル錫)オキシド
  • 一水素ヒ酸鉛
  • トリエチルヒ酸
  • フタル酸ベンジルブチル(BBP)

発表資料によりますと、加盟国の監督機関からのREACH規則の付属書XVのレポートにより、今回の提案がされています。このことから、この提案はREACH規則59条3項によるものと考えられます。これまで、ECHAは付属書XIVに掲載される認可対象物質の候補として約1,500物質をリストアップしていると言われていました。しかし、提案の16物質は、ECHAのレポートによるものではないと考えられますので、約1,500物質の中に含まれているものなのか、それら以外の物質から出されたものかは不明です。いずれにせよ、今後1,500に近い物質が、順次提案されることになります。

今回の提案に対するパブリックコンサルテーションが終了しましたら、ECHA加盟国委員会が提出された意見をレビューし、REACH規則57条のSVHCの基準に当てはまると合意すれば、ECHAから"candidate list"(以下、認可対象候補物質)として、2008年10月末までに公表されることになっています。

その後、これらの物質から付属書XIVにリストされる認可対象物質が決められます。

なお、提案された16物質の多くは、RoHS指令の見直しにおいて、当初の追加制限するべき46種の高優先物質リストに含まれていました。また、ヒ素化合物やフタル酸エステル類は既存の指令76/769/EECで使用制限されている物質と同じものです。

(林 譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ