本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

08.05.30

いよいよ始まる予備登録・登録

いよいよ、予備登録・登録が6月1日から始まる間際になって、ECHAのホームページで、一度に多くの情報が出されました。

1つは、待ちに待った「成形品のガイダンス」、このコラムでも紹介しました「唯一の代理人」について修正を行った「登録のガイダンス」が、ようやく公開されました。

2つ目は、先週末予告のありました、PPORD、登録有無の照会、および登録の際の情報提出の暫定的な手続きの発表です。

まだRIP3.8の最終報告書の内容と比較して詳細に読めていませんが、「成形品のガイダンス」では、調剤と成形品の境界、容器中の調剤か成形品からの意図的放出物質などの説明の例示を増やして、分かりやすくなっているようには思います。

情報提出の暫定的な手続きについては、REACH-ITの運用の信頼性がないために、6月1日から直ちに必要なPPORD、登録有無の照会、および登録の手続きの暫定的な方法を説明しています。

しかし、余すところ4日を残すだけになったこの時期での、上記の発表は遅過ぎた感は否めません。REACH規則の策定に時間を要したにもかかわらず、公布から施行までに時間が短すぎた感じが致します。

EU域内の川下企業の立場からすれば、ほとんどの場合、物質の製造者が登録すれば川下使用者はREACH規則に当面関係がなくなるので、慌てず、騒がず静観というところではないでしょう。他方、日本の企業にとっては、EUに輸出する製品・商品のほとんどが対象となる可能性があり、日本の企業の方々は対応に苦労しておられます。

考えて見ますと、REACH規則そのものが複雑で、EU27カ国を包括的にカバーするため、100%の完全な体制を整備することは所詮無理なのかもしれません。走りながら、考え、必要な修正を行って、全体が満足する制度に仕上げていくという感じがします。

4月14日に開催されたワークショップでの「REACHガイダンスの概要」紹介のプレゼン資料を見ますと、ガイダンスは次のような位置付けとして説明しています。

  1. ガイダンスは役に立つものでなければならない。それに従えば、安全サイド立つことができる。それゆえ、
  2. ガイダンスは、登録文書の作成、その評価やREACH規則の執行をするすべての関係者に受け入れられ、運用できるものでなければならない。
  3. ガイダンスは法律ではないので、REACH規則の範囲内であれば、ガイダンスから逸脱することは可能である。
  4. しかし、ガイダンスは、重要な関係者が合意し、作成されたものであるから、安全な指針となる。

対応に迷うことが多いREACH規則の曖昧さで困っているわが国の企業にとっては、3番目の説明は言い訳ではないかと勘繰りたくもなりますが、逆に、REACH規則に準拠しながら対応を模索し、準備をすることしか、安全な道がないのかもしれません。

発表される情報を頼りにしなければなりませんが、とりあえずは、「予備登録」をすることで安全牌を手に入れておくことが大切なように思います。

(林 譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ