本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

08.02.29

REACH規則の適用時期と2008年適用内容

REACH規則は、2007年6月1日に施行されましたが、その複雑性や産業界がうまく適合していくための配慮、そして既存の化学物質規制からREACH規則への段階的な移行などが考慮され、適用は段階を踏んで行われています。

REACH規則は、15タイトル、141条で構成されています(前文、附属書を除く。)

15タイトル中の半分は2007年6月1日に適用となりましたが、残りのタイトルは2008年6月1日と2009年6月1日からの適用となります。

下表に、各タイトルの適用時期を整理します。

■REACH規則のタイトルごとの適用時期

タイトル名称
適用時期
タイトルI
タイトルIV
タイトルIX
タイトルX
タイトルXIII
タイトルXIV
タイトルXV
一般的事項
サプライチェーンにおける情報
手数料および料金
化学品庁
権限のある当局
執行
経過規定および最終規定
2007年6月1日
タイトルII
タイトルIII
タイトルV
タイトルVI
タイトルVII
タイトルXI
タイトルXII
物質の登録
データ共有および不必要な試験の回避
川下使用者
評価
認可
分類と表示のインベントリ
情報
2008年6月1日
タイトルVIII ある種の危険な物質、調剤および成形品の製造、上市および使用に関する制限
2009年6月1日

2008年から適用される、または2008年までに見直しや決定すべき条項
個別の条項や附属書の初めての適用時期や一定期間援用後の見直し時期などが、各条項や附属書の内容によりREACH規則の中で定められています。

以下に、2008年に初めて適用される、もしくは2008年までに決定や見直しを求められている条項や附属書を記載します。

1.2008年6月1日までに決定または見直しが要請されている事項

第74条(1)「欧州委員会規定で手数料および料金を設定」(タイトル?の施行に関連)

第118条(3)「欧州委員会規則(EC No.1049/2001)をREACHに適用」

第138条(4)

「REACH附属書?(物質の評価および化学品安全性報告書の作成ための一般的な規定)、IV(第2条(7)aに従う登録の義務の免除)および?(第2条(7)bに従う登録の義務の免除)に関する欧州委員会での見直し」

2.2008年6月1日から適用される条項

第128条「REACH規則の下での物質の自由移動」

第136条「既存物質に関する移行措置」

3.2008年6月1日に廃止される既存の指令、規則

指令93/105/EC (技術一式文書に対する情報要求)

指令2002/21/EC (危険物質指令に関する修正)

規則 (EEC) No.793/93 (既存化学物質のリスク評価とリスク管理)

規則 (EC) No.1488/94 (既存化学物質のリスク評価のための原則)

4.2008年8月1日から適用

第135条「届出物質に関する移行規定」

(指令67/548/EEC第16条(1)および(2)関連する届出者への要求)

5.2008年6月1日〜12月1日に適用

第28条「年間1t以上製造/輸入される段階的 (既存) 化学物質の予備登録期間」

6.2008年12月1日が実施期限となっている条項

第126条「欧州加盟国はREACH規則の不遵守に対する罰則を定め欧州委員会に報告の実施」

第138条(5)「REACH附属書?III (PBT、vPvB物質規定の規定基準の妥当性の再審査の実施)」

以上、上記の1〜5に2008年から適用が始まる条項や見直し条項などを紹介しましたが、2009年以降もREACHの同様な新規の適用条項や見直しなどが規定されていますので、動向を注視していくことが求められます。

(瀧山 森雄)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ