本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

07.06.29

欧州化学品庁がスタートしました

REACH規則が2007年6月1日に発効し、フィンランドのヘルシンキに設立された欧州化学品庁(European Chemicals Agency:ECHA)が活動をスタートしました。これに伴い、ECHAのホームページも開設されています。

ECHAは、予備登録や登録業務を行う機関ですが、あわせて、そのウエブサイトで種々の情報を提供することになっています。特に実務上重要なRIP関連の情報のうち、確定したガイダンスを、欧州化学品局(European Chemicals Agency:ECB)のREACH実施プロジェクト(REACH Implementation Project:RIP)のページとリンクさせて、アクセスしやすくしています。

6月18日現在、RIP3.1、RIP3.10、およびRIP2に関連する下記の確定ガイダンスが公開されています。

RIP3.1 登録技術文書の作成関連

  • 登録に関するガイダンス
  • 中間体に関するガイダンス
  • モノマーとポリマーに関するガイダンス
  • 研究開発に関するガイダンス

RIP3.10 物質の特定と命名についての技術文書関連

  • 物質の特定と命名に関するガイダンス

REACH-IT関連

  • IUCLIDに関するガイダンス

特にRIP3.1に関連する登録に関するガイダンスは、取り扱う物質の登録の要否、誰が登録すべきか、登録に必要な情報などを確認するうえで、たいへん有用なガイダンスです。

また、登録はIUCLD5により行われますが、「IUCLIDに関するガイダンス」は2,000ページを超えるマニュアルです。現地で直接登録に携われる方々にとっては、これを使いこなすために、かなりの労力が必要と思われます。

そのほかのガイダンスは今後順次公開されることになっています。ECHAから発表されているスケジュールを次表にまとめてみました。主要なものは今年中に公開される予定になっていますが、すべてが出揃うのは来年2008年になる見込みです。

RIP の分類 内容 公開予定時期
産業界用 RIP3.2 化学物質安全報告書 (CSR) の作成に関するガイダンス 2008年初旬
RIP3.3 物質固有成城の情報要求事項に関するガイダンス 2007年秋
RIP3.4 予備登録手続きに関するガイダンス 2007年秋
登録時のデータ共有に関するガイダンス 2007年秋
RIP3.5 川下ユーザーのためのガイダンス 2007年秋
RIP3.6 分類・包装・表示( GHS )に関するガイダンス 2008年中に
最終ドラフト
RIP3.7 認可申請書の作成に関するガイダンス 2007年末
RIP3.8 成形品中の物質の要求事項に関するガイダンス 2007年秋
RIP3.9 社会経済分析の実施に関するガイダンス 2008年中に
最終ドラフト
行政用 RIP4.1/4.2 登録文書と物質の評価 に関するガイダンス 2007年夏
RIP4.3/4.5 附属書 XIV( 高懸念物質 ) の収載に関するガイダンス 2007年6月
RIP4.4 制限に関する附属書 XV 文書の作成に関するガイダンス 2007年6月
分類と表示に関する附属書 XV 文書の作成に関するガイダンス 2007年6月
高懸念物質( SVHC )に関する附属書 XV 文書の作成に関するガイダンス 2007年6月
RIP4.5 評価の優先順序付けに関するガイダンス 2007年秋
最終ドラフト

(担当:林 譲)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ