本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

コラム

REACH検索

07.03.16

REACH規則の予備登録は何をするのか?

REACH規則では2008年6月1日から6ヶ月間に限定して、予備登録をすることができます。予備登録の対象物質は「段階的導入物質(Phase-in Substances)」で、 EU既存商業化化学物質インベントリ(EINECS)リスト物質や1995年以降にEUに新たに加盟した諸国で、REACH規則発効15年前以内に販売されなかったが製造した記録がある物質などの条件があります。

予備登録では、1t以上の潜在的登録者は次の情報などを庁に提出します。

  1. 物質名称、EINECS及びCAS番号または何らかのその他のアイデンティティ
  2. 登録者の名称、あて先、連絡担当者の氏名
  3. 適切な場合は代表者の氏名、あて先
  4. 登録/トン数帯に対する想定される期限
  5. ANNEX XIの試験に定める定性・定量構造活性相関((Q)SAR)や物質のグループ化および読み取り法に必要とする物質名称、EINECSおよびCAS番号など

予備登録には手数料が必要ですが、具体的には未だ決まっていません。

予備登録することで、次の権利が与えられます。

(i)段階的登録

  • 1,000t以上に達する量の物質は2010年11月30日までに登録する
  • CMRs物質で2007年6月1日以降1t以上製造または輸入実績があれば2010年11月30日までに登録する
  • 100t以上に達する量の物質は、2013年5月31日までに登録する
  • 1t以上に達する量の物質は、2018年5月31日までに登録する

(ii)SEIF(Substance Information Exchange Forum)への参加

化学物質の取扱事業者は取扱量には関係なく、SDS (安全データシート) を川下ユーザーに対して提供しなければなりません。

SEIF(物質情報交換フォーラム)は、登録の目的のために潜在的登録者間で指定された登録情報の交換を容易にし、調査の重複を避けることと、潜在的登録者間に物質の分類と表示が相違する場合に分類と表示を合わせることを目的に設立されます。

登録時に動物実験の重複を避けるためなど、SEIFで利用できる情報の調査要求ができ、情報の共有ができます。1物質1登録の考え方で、情報は共有されなくてはなりませんので、SEIFで調べて先行登録者の情報を利用(有料)することになります。

このように、予備登録の意味は、生産、販売実績のある物質は予備登録により段階的登録という移行処置が認められますが、予備登録しない場合や新規物質は販売前に登録することが要求されることになります。予備登録の登録データは多くはありませんが、2008年6月までに自社の扱う製品に含まれる物質の調査はしなくてはなりません。

なお、予備登録は、成形品から意図的に放出する物質も対象となります。

(担当:松浦 徹也)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ