ビジネスQ&A

ビジネスQ&A

経営者のよくあるお悩み一問一答

Q
採用・雇用2016.12.07
Q1123.人材募集の方法には、どのような種類がありますか?

 ソフトウェアの企画開発会社です。人材不足で現在、募集を考えていますが、その具体的な方法とそれぞれの特徴等をお聞きしたいです。最近では、新しいアプローチ型の方法があると聞いています。

A.

 人材募集の方法といえば、求人広告(紙媒体、ハローワーク等)、Web(ホームページ、求人サイト等)、紹介(学校、社員、人材紹介事業者等)等が挙げられます。最近ではWebの中でも、SNSを活用した「ソーシャルリクルーティング」という方法があります。

 人材募集の方法はさまざまですが、企業の負担能力や採用ターゲット、雇用形態によって使い分ける必要があります。それぞれの特徴は、以下のとおりです。

【紙媒体による募集】

有料で購入してもらう求人情報誌や無料のフリーペーパー、新聞の求人広告欄や折込チラシ等です。
紙媒体による募集

【ハローワークによる募集】

ハローワーク

【ホームページによる募集】

ホームページ

【求人サイトによる募集】

求人サイト

【紹介による募集】

紹介による募集

【ソーシャルリクルーティングによる募集】

 企業がFacebookやTwitter等のSNSを利用して採用活動を行うものです。
 人事採用担当者、または普通の社員が、日々の企業情報や業務について、これらのサービスを利用して情報発信を行います。応募者は、ホームぺージや求人サイトだけでは知り得ない実際のところを知ることができます。また、コメントを書き込むことも可能で、企業と応募者の双方向でコミュニケーションを図ることができるのです。
 これにより、企業そのものを十分に知ってもらうことができ、応募者も自分をアピールすることが可能になるため、ミスマッチを防ぐことができ、より適切な人材確保が可能となります。

ソーシャルリクルーティングによる募集

フリーワードで探す

無料相談のお問い合わせ