ビジネスQ&A

ビジネスQ&A

経営者のよくあるお悩み一問一答

Q
経営ビジョン・相談2016.11.22
Q1119. ビジネスモデルとはどのようなもので、なぜ必要なのでしょうか?

 自動車部品メーカーの下請けとして事業を行ってきた金型製造業者です。これまで親事業者から依頼のあったものを製作してきましたが、受注が減少し、業績は年々厳しくなっています。脱下請けを目指していますが、そのためにはビジネスモデルが必要だといわれました。ビジネスモデルとはどのようなもので、どのように作るのかを教えてください。

A.

 ビジネスモデルとは、「稼ぐためのアイデアを仕組み化すること」です。あなたの志や理念、ビジョンを形にするもので、どのようにして利益を上げるかを「見える化」することは、非常に大切です。

1.ビジネスモデルとは何か

 ビジネスモデルとは、わかりやすくいえば、「稼ぐためのアイデアを仕組み化すること」です。決まった定説や理論があるわけではなく、アイデアを具体的に実現可能な形にし、どのように利益を上げるかを「見える化」することを指し、これまでに多種多様なものが考えられてきました。中小企業、大企業にかかわらず、ビジネスモデルを構築することには大きな意味があり、知的財産権として保護できること(ビジネスモデル特許)もそれを物語っています。

2.ビジネスモデルのチェックポイント

 どのように稼ぐことがあなたにとって理想的なのかが見えていると、ビジネスを成功へと導きやすくなります。そこで、あなたがビジネスモデルを考え、採用するうえで重要なポイントを5点示しておきます。

(1)情熱を注いで継続できるものであるか

 ビジネスを軌道に乗せるためには、相当な情熱(志)と覚悟が必要です。もっとも大切なポイントは、そのビジネスモデルに自分の情熱を注ぐことができるかどうかです。

(2)時代にマッチしているか

 ビジネスモデルは時代にマッチしていると良く、その事業を取り巻く環境に的確に対応できているかが重要になります。

(3)ユーザーに満足を与えることができるか

 ユーザーが利用しやすく、満足を与えるもの(サービス)であるかが重要です。また、利用者が増えると、利益が増えるという流れにもつながっていきます。

(4)独自性があり、他社が参入しにくいか

 他社が簡単に真似でき、参入しやすいものでは、後々ビジネスを続けることが難しくなります。参入障壁についてもしっかりと考えておくことが重要です。

(5)安定した利益をもたらしてくれるか

 いくら独創性があり、他社が参入しにくい仕組みであっても、安定的に利益をもたらしてくれるものでなければビジネスは継続できません。本当に安定した利益を得ることができるものかを常に意識し、自問することは重要です。

3.ビジネスモデルの作り方

 ビジネスモデルは、あなたの志や理念、ビジョンを形にするもので、それをできるだけ正確に見積もり、儲けを実現するための計画がビジネスプランになります。つまり、ビジネスモデルは事業を行うための根幹(コア)といえます。 実際にビジネスモデルを作成する際には、以下のような着眼点を明確にするとよいでしょう。

図1 ビジネスモデル作成にあたっての着眼点

 あなたのアイデアを具体化し、どのように利益を上げるかを「見える化」することの重要性は、ビジネスモデルを構築するとよくわかります。

フリーワードで探す

無料相談のお問い合わせ