ビジネスQ&A

ビジネスQ&A

経営者のよくあるお悩み一問一答

Q
インターネット一般2016.11.16
Q1117. IoT活用によって、ものづくりやサービスはどのように変わりますか。

 ネジ類など精密加工部品を製造しています。最近、組合の会合でIoTの話題が出ました。IoTについて知っておくべきポイントと、今後、ものづくりやサービスがどのように変わるのかを教えてください。

A.

 身の回りのあらゆる「モノ」がインターネットにつながり、お互いにさまざまな「やりとり」が可能になることをIoTと呼びます。IoTを活用することで、新しいサービスや製品、ビジネスモデルを生み出すことが可能となります。

 IoT(Internet of Things)は、身の回りのあらゆる「モノ」(Things)がインターネット(Internet)につながり、お互いにさまざまな「やりとり」が可能になる仕組みです。ちなみに、機械同士が「やりとり」をする仕組みをM2M(Machine to Machine)といいます。IoTとの根本的な違いは、M2Mが主に効率化を目的としているのに対し、IoTは主に価値創造を目指している点にあるといえます。

1.IoTが注目されている理由

 「モノ」がインターネットにつながることで、まったく新しい価値が生み出され、ビジネスにおける新たなチャンスが広がっていきます。それは、以下のようなことが実現可能となるためです。

 IoTでは、「モノ」にセンサーを取り付け、その状態をインターネット経由でモニタリングしたり、インターネット経由で「モノ」をコントロールしたりすることで、安心安全で快適な社会を実現しようとしています。

2.IoTが実現可能となった4つの大きな変化

 IoTを実現させるためには、「モノ」と「データを集めて分析する環境」が必要です。この2つの分野において、以下のような4つの大きな変化が起きています。

 これらの大きな変化により、IoTを活用したサービスの実用化が始まっています。

3.IoTの基本的な流れ

 以下に、「モノ」がインターネットでつながっている基本的な流れを示します。

図1 インターネット上の「モノ」の流れ

(1)センサーが「モノ」(人や物)の状態を計測

 数多くのセンサー(光、音、温度、湿度など)があり、そこから「モノ」の状態を計測します。

(2)それらの情報(データ)をクラウド上で蓄積

 それらの情報は、インターネットを経由してクラウドに蓄積します。クラウドとは、インターネット上にあるサーバというコンピュータを指す概念です。

(3)クラウドに蓄積されたデータを分析

 蓄積されたデータを、統計手法や人工知能などを駆使して分析します。

(4)分析結果により「モノ」が作動し、最適な暮らしを提供

 結果に応じてデバイスが「モノ」を動かし、人に最適なフィードバックを提供します。

4.IoTの活用による価値創造(IoTビジネス)

 IoTの活用を考える場合、ただ単に「モノ」がインターネットにつながることで情報を取得できるだけでなく、それを活用してどのように価値を創造するかが重要なポイントとなります。IoTは、思いもよらなかった潜在的な課題にこそ効果を発揮するのです。ユーザーが気づいていない課題を探し当て、フィードバック(課題解決)まで考えるところに、新しいビジネスチャンスが潜んでいます。
 たとえば製造業では、製品を誰が買ったかまでは把握していますが、ユーザーがどのように使っているかまでは十分に把握できていません。しかし、IoTを活用することで、すべてのユーザーについてリアルタイムで利用状況を把握できるようになります。この「実際の利用状況」と「事前に想定した使い方」のギャップがイノベーションの源泉(価値創造)となり、新しいサービスや製品、ビジネスモデルを生み出すことが可能となるわけです。
 サービス業においては、いまやユーザーの好み・ニーズに合わせたサービスを提供するだけでは差別化を図れなくなっています。IoTは、最近の流行りやユーザーの声を分析し、一人ひとりの嗜好に合わせてカスタマイズした選択肢の提案を可能にします。こうして、当たり前の顧客満足を通り越した驚きや感動を与えることによって、選ばれるサービス事業者になることができるのです。

参考文献

『IoTまるわかり』三菱総合研究所(編)、日本経済新聞出版社

フリーワードで探す

無料相談のお問い合わせ