本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0968.地域の加工特産品開発についてアドバイスをお願いします。
農業生産法人を経営しています。地域の料理や農産物などを加工して、利益の出る加工特産品を開発したいと考えています。どのような視点で考えれば良いか、アドバイスをお願いします。

最近、農家や農業生産法人が、地域の農産物や料理を使って、加工特産品を開発するケースが増加しています。地域の加工特産物開発では、大手企業の加工食品と同じような商品を作っても競争には勝てません。商品のストーリーを重視して、大手企業とは違った土俵で勝負することを考えていきましょう。

Q09682016年2月19日

テーマ:製品・技術開発

【地域加工特産品開発のポイント】

1.ストーリーのある商品を開発する

道の駅や新幹線の駅売店などで「ご当地カレー」が販売され、売上が伸びています。ご当地カレーの価格は、500円程度が一般的です。500円で販売できれば、製造者も利益をあげることができます。なぜスーパーでは、大手企業が200円程度で販売するカレーという商品が、地方の道の駅では500円でも売れるのでしょうか。

それは素材もさることながら、ご当地カレーには魅力的な商品ストーリーがあるからだと思います。お客様は、ストーリーに対してお金を払っているのです。

2.その地域でしかできないものをつくる

地域における不自由さが、逆にお客様から見ると魅力的なものに映ることが良くあります。「この地域には、こんなものしかないのです」といったことが、買い手にとっては「これが欲しかったんです」といった共感につながります。これをわかるようにすれば、商品の魅力が上がっていくのです。

3.地域で古くからあるものを現代風にマッチさせる

地方には、地方特有の伝統的な料理がたくさんあります。「〇〇汁」「〇〇鍋」といったものですが、このままでは新しい顧客を獲得することは難しいかもしれません。しかし、麹や酒粕を加えたり、キムチ味にして味に変化をつけたりすることによって、現代人にマッチした商品に進化させることができます。また、レトルトパウチ食品にすることによって、常温で長期間流通することも可能となります。このような伝統と現代の融合が、ヒット商品を生むきっかけとなるのです。

4.商品サイズを小さくする

コンビニエンスストアでは、最近小さなパウチに入った惣菜が売れています。これは近隣に住む高齢者にスポットをあてた商品開発が、うまくいった事例と言われています。

地域加工特産品開発でも重要なのが、商品のサイズです。今は、半数以上の世帯が一人あるいは二人暮らしです。また、老夫婦の二人暮らしも増加しています。大きなパックの商品は、敬遠されることは明らかです。

幸い農家の特産品加工は、包装が自動化されていません。つまり小サイズでも対応が比較的簡単にできます。大手メーカーは、4人前という商品もまだ数多く出回っています。これは、直ぐに自動化ラインを変更することが難しいためです。

【地域料理を加工特産品にする】

1.地域の料理から発想する

地域加工特産品は、「地域名由来」「地域農林水産物由来」「地域の料理由来」などがありますが、なかでも注目されるのが「地域の料理由来」タイプだと思われます。地域の料理は、すでに完成されたものであり、それをそのままや、味付けを変えレトルトパックなどにすることによって、地域特産加工が可能となります。

2.料理から地域加工特産品へ

料理を加工食品にする技術には、さまざまなものがあります。その特徴をよくいかして、加工に取り入れることが重要です。以下に、代表的加工技術をまとめます。

加工技術 技術内容
冷蔵・冷凍 地域の料理などを密封包装して、それを冷蔵・冷凍して微生物の増殖を抑制し、長期保存を可能とする。焼き魚、煮物、味付け肉などに使用される。
ph調整法 phを酸性にすることによって微生物の繁殖を抑制して保存性を高める。漬け物、ドレッシングなどに愛用される。
レトルトパック 密封したフィルム包装を行い、包装後に120℃で4分以上の加圧加熱殺菌を行って長期常温販売可能とする。レトルトご当地カレー、鍋のスープなどでお馴染み。
ホットパック
ボイル殺菌製法
75~100℃未満で加熱処理した中身を熱いうちに容器に充填する製法である。さらに製品の安全性を高めるために製品を一定の温度(75~100℃未満)の中で湯煎(ボイル)殺菌するのがボイル殺菌法である。
無菌パック 無菌室で製造を行う。レンジ加熱用のご飯パックなどがある。
脱酸素剤封入 ガスバリヤー性のある袋に商品を入れ、その袋の中に脱酸素剤を封入して、袋の中の酸素を消失される製法。酸素がなくなることによりカビなどが発生しなく、常温での保存が可能となる。和菓子、チーズなどを使用した珍味などに使用される。

いかがでしょうか。地域にある伝統的な料理などを加工特産品に変えて、道の駅などで販売して売上げを伸ばしている方々も多くいらっしゃいます。ぜひ、参考にしていただければと思います。

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ