本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0857.金融検査マニュアル別冊(中小企業融資編)って何ですか?
当社は現在、事業再生に向けて取り組んでいる創業30年の精密板金業です。取引先の海外移転で売上高が減少したため、赤字資金を金融機関からの融資に頼っています。そのような状況を友人に相談したところ、金融検査マニュアル別冊(中小企業融資編)を読むようにアドバイスされました。金融検査マニュアル別冊とは何ですか?

金融検査マニュアル別冊(中小企業融資編)は、中小企業向け融資に焦点を当てた金融検査の手引書(事例集)です。金融検査マニュアル別冊には、中小企業の(1)特性や経営状態を判断するため、(2)将来性の評価向上のため、の具体的な判断材料や運用例などが記載されています。そのため、貴社にとって、金融検査マニュアル別冊の内容を理解することで、資金調達がしやすくなることが期待できます。

Q08572016年2月19日

テーマ:資金調達

【金融検査マニュアル】

金融庁の検査官が各金融機関に立ち入って、経営の健全性やリスク管理態勢などを検査することを金融検査といいます。金融検査の目的は、各金融機関の業務の健全性及び適切性を確保するために問題点を指摘し、金融機関の業務の改善につなげることです。金融検査マニュアルは、その金融検査の手引書になります。
 金融庁は金融検査で、(1)健全な中小企業に円滑な資金供給を行っているか、(2)融資先である中小企業の経営実態の把握に努め、きめ細やかな経営相談、経営指導等を通じて、積極的に企業・事業再生等に取り組んでいるか、(3)貸出金の安全性の自己評価が正確に行われているか、などの点をチェックします。

【金融機関の自己査定】

金融機関では年に2回、金融庁の「金融検査マニュアル」を踏まえて各金融機関が自ら作成した「自己査定ルール」に基づいて、取引先に対する貸出金などの資産の価値を自ら査定しています。
 この自己査定で、債務者を債務者の財務内容や経営状況によって、「正常先」「要注意先」(銀行によってはさらに要管理先と要管理先以外に区分)「破綻懸念先」「実質破綻先」「破綻先」の5つの区分に分類します。また、この債務者区分は、債務者への貸出しの取引方針を決定する基準となります。しかし、金融機関から、取引先企業へどの債務者区分に分類されているかという点や、区分の根拠などについての開示が行われることは通常ありません。

【金融検査マニュアル別冊】

金融検査マニュアル別冊(中小企業融資編)は、中小企業向け融資に焦点を当てた金融検査の手引書(事例集)です。

平成11年7月に作成された金融検査マニュアルにおいて、中小・零細企業等の債務者区分の判断について、「特に、中小・零細企業等については、当該企業の財務状況のみならず、当該企業の技術力、販売力や成長性、代表者等の役員に対する報酬の支払状況、代表者等の収入状況や資産内容、保証状況と保証能力等を総合的に勘案し、当該企業の経営実態を踏まえて判断するものとする。」ということを明記されています。
 しかし、運用面では、債務者区分の記述が分かりにくいこともあり、中小・零細企業等に対して「金融検査マニュアル」が機械的・画一的に適用されていました。そこで、平成14年6月に中小・零細企業等の経営状態や将来性の評価のためには、財務状況だけでなく、きめ細かい経営実態把握が欠かせないことを踏まえ、金融検査マニュアル別冊(中小企業融資編)が作成、公表されました。その後、中小・零細企業等の経営実態を踏まえ、一部が改定されています。

金融検査マニュアル別冊では、「(1)継続的な企業訪問等を通じて企業の技術力・販売力や経営者の資質といった定性的な情報を含む経営実態の十分な把握と債権管理に努めているか、(2)きめ細かな経営相談、経営指導等を通じて積極的に企業・事業再生に取り組んでいるか」といった、金融機関による「債務者への働きかけ」の度合いが重視されています。

【金融検査マニュアル別冊の理解】

金融検査マニュアル別冊には、中小企業の(1)特性や経営状態を判断するため、(2)将来性の評価向上のため、の具体的な判断材料や運用例などが記載されています。そのため、金融検査マニュアル別冊の内容を理解することで、資金調達に有効な対策がとれることになります。
 具体的には、中小・零細企業が円滑に資金調達するためには「(1)金融機関に対して何を開示すべきか、(2)どのようなコミュニケーションをとれば良いのか、(3)何を金融機関に訴求すれば良いのか」などのヒントが記載されています。

将来、資金調達をお考えの方、または資金調達済みで業績が思わしくない方は、ぜひ、金融検査マニュアル別冊に目をとおしてみてください。資金調達はしたいけど時間がない、難しいとお考えの方は、中小企業診断士など専門家へご相談ください。

回答者中小企業診断士 石井 浩一

関連情報

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ