本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0783.販路開拓コーディネート事業の内容と活用する際の留意点を教えてください。
九州にてソフトウェアの受託開発を長年やってきましたが、このたびあるユーザーと共同開発したユースウェアを首都圏や大阪方面で販売することを計画しています。高い製品評価を得ているものの社内に人材がおらず、具体的な販路や販売手法には手をこまねいています。「販路開拓コーディネート事業」という支援策があると地元の商工会議所で聞きましたが、どのような事業でしょうか?活用の留意点についても教えてください。

販路開拓コーディネート事業は、優れた新商品を持つ企業のマーケティング企画の策定や首都圏・近畿圏におけるテストマーケティング活動を支援するもので、想定市場の企業に販路開拓コーディネーターが同行訪問し、市場の評価を把握して、新たな市場開拓の土台作りをするものです。販売代行行為や買い手の紹介を行うものではありませんので、注意が必要です。

Q07832016年3月16日

テーマ:販路拡大

【販路開拓コーディネート事業とは】

販路開拓コーディネート事業とは、優れた新商品(新製品・新技術・新サービス)を持つ企業の、マーケティング企画の策定及び首都圏・近畿圏におけるテストマーケティング活動を支援し、新たな市場開拓の土台作りをするものです。

販売代行行為や買い手の紹介を行うものではなく、テストマーケティング活動の支援として想定市場の企業に販路開拓コーディネーターが同行訪問し、市場の評価を把握して、新商品(新製品・新技術・新サービス)の市場投入までの筋道を立てるための支援を行います。

【販路開拓コーディネーターの利用局面】

新商品開発・ 新市場進出・ 営業力向上等の経営革新局面で多くの中小企業は以下のような課題を抱えており、「顧客が欲する商品」が作れているか、「顧客が欲しいサービス」を届けることができるか等々、実際に市場にて聞き取り調査をする必要性に迫られています。このような際に、販路開拓コーディネーターを利用すると効果的です。

  • 技術に自信はあるけど、当社の新商品は本当に売れるだろうか?
  • リピーターを獲得するような商品にするためには、あと何が足りないのだろうか?
  • 市場を読むとはどういうことか?どうすれば市場のことが分かるか?

【販路開拓コーディネート事業の内容】

  1. マーケティング企画をより良くするためのアドバイスを行います。(マーケティング企画のブラッシュアップ)
  2. 新商品の効果的な説明やプロモーションの方法を一緒に考えます。(テストマーケティング活動の準備)
  3. 市場の声を聞くお手伝いをします。(テストマーケティング活動のサポート)
    想定市場の企業の声を聞くため、各業界にネットワークを持つ販路開拓コーディネーターがアポイント取りから支援し、実際の企業訪問にも同行します。集めた声をもとに、御社の新商品が市場に受け入れられるための課題を一緒に考え、課題解決に向けたアドバイスを行います。

【申込先と費用】

各都道府県等中小企業支援センターが相談窓口です。中小企業基盤整備機構の各地域本部と連携を取り、ターゲティング・市場の絞り込み・競合商品の確認や優位性の確立など、マーケティング企画のアドバイスを行います。

企業が負担する費用は、テストマーケティング活動時に発生します。販路開拓コーディネーター1人・1開拓先への同行支援1回あたり4,100円(税込)のみで、旅費その他の費用の負担はありません。この他、開拓先への訪問などにより生じる自社担当者の費用は、企業側の負担となります。

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ