本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0772.BCP策定のメリットと留意点は何ですか?
当社は従業員50人で製缶業を営んでいます。先日、当社の一番の得意先よりBCP策定状況について確認がありました。当社はこれまで大きな災害について、具体的な対策を講じておりませんでしたので、早速社内で検討を始めました。会社がBCP策定に取り組むメリットと留意点について教えてください。

BCP策定のメリットは、(1)大災害など緊急事態が発生しても対応力の高い企業になること、(2)顧客からの信用度が高まること、です。留意点は、完璧な計画や、他社のBCPを流用した策定ではなく、自社にとってふさわしいBCPを策定して、策定した後も点検・見直しを行っていくということです。

Q07722016年3月23日

テーマ:企業統制・リスク管理

 BCP策定のメリットと、BCP策定上の留意点について紹介していきます。


【BCP策定のメリット】

 BCPを策定するメリットについてですが、大きく分けて2つあります。1つめは当然のことですが、緊急事態の発生時に早期復旧に向けて速やかに対応できることです。計画を策定する過程で自社の業務フローや想定されうるリスクなどが明らかになり、あらかじめ緊急時の行動計画を講じることによって、最小限のダメージで抑えることができます。また、計画で想定していなかった緊急事態が起こった場合であったとしても、自社のリスクを把握していたのであれば、臨機応変な対処が可能になります。


 2つめのメリットですが、対外的、特に取引先からの信頼が高まることです。BCPを策定して緊急時に対して万全の準備を行っている大企業や中堅企業にとって、サプライヤーである中小企業の事業継続能力に不安があれば、それだけで自社のBCPの実効性は弱まるでしょう。そのため、大企業は取引先に対してBCPへの取組み状況を確認したり、BCP策定を勧めることもあります。つまり、中小企業がBCPを策定することは大事な顧客の事業中断リスクの低減に寄与して、信頼度の向上や競争力の強化、また企業として社会的責任を果たすことにもつながります。これから大企業は、取引先選定基準として、BCPを策定して事業継続能力のある企業を優先する傾向が出てくることも考えられます。特に東日本大震災によって、この傾向はさらに強まっていくでしょう。


 その他としては、計画策定を通じて企業の業務改善の効果も期待できるでしょう。


【留意点】

 次にBCP策定にあたっての留意点です。まずは自社で「実現可能な」計画にすることです。最初から完璧な計画を求めて事細かいことまで策定しようとしたら、策定途中で挫折してしまうばかりか、策定されたとしても、難しすぎていざ災害が発生した際に運用ができない恐れもあります。また、簡易な計画や他の企業の計画を流用したような計画であれば、これも役に立たないでしょう。つまり、BCP策定にあたっての留意点は、自社の経営環境に適合した、自社で「できる」計画を策定するということです。


 また、企業にとってBCPを策定するのがゴールではなく、自社にとって常に有効なものにブラッシュアップしていくこと、そして役員から従業員にいたるまで、BCPに対する理解を深め、平時から緊急時に対して高い意識を持っている企業文化を定着させることも重要です。そのため、BCPには定期的な点検・見直しや教育・訓練についてもしっかりと盛り込むことです。BCPを運用管理して、企業文化への定着を図るマネジメントを、特にBCM(事業継続マネジメント)ということもあります。


図1 BCP策定のメリットと留意点

図1 BCP策定のメリットと留意点

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ