本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0719.ネットを活用した新規顧客の獲得手法について教えてください。
当店は従業員4人で立ち上げて、社歴1年のマッサージ、リフレクソロジー店です。一度来店していただいたお客様のリピート率は高いのですが、新規のお客様の獲得に苦労しています。インターネットを使って、効率的に新規顧客の獲得をするにはどうすれば良いでしょうか?

フラッシュマーケティングという手法を利用し、割引クーポンを発行するプロモーション方法が良いと思います。

Q07192016年2月19日

テーマ:ブログ・SNS

【フラッシュマーケティングとは】

50%割引などの通常ではあまりないお得なクーポンを、「本日一日限定」などクーポンを買うことができる時間を限定して販売し、かつ一定数以上の申し込み件数がないとその割引率でのクーポン販売が成立しないという仕組みのマーケティング手法です。申し込みが一定数以上に達しなかった場合は、申し込み自体がなかったことになるため、企業側にも購入者側にもほとんどリスクがありません。この手法は、サービス業や飲食店を中心に利用が拡大しています。

【従来のタイムセールとの決定的な違い】

フラッシュマーケティングは、ある一定数以上の申し込み件数がないと販売が成立しないという特徴から、自分がほしいと思ったクーポンを友人など他の人に伝えて申し込み件数を増やそうとするインセンティブが働くということです。クーポンの情報が、Twitterなどのソーシャルメディアに書き込まれることで、情報が自然に広まっていくことが、このマーケティング手法の最大の特徴でしょう。ソーシャルメディアの発展があってこそのマーケティング手法です。

【フラッシュマーケティングの活用方法】

フラッシュマーケティング専用のサイトでは、フィーを払うことでプロモーションの実施を請け負ってくれる企業もありますが、費用を抑えるためにまずは自社で行うのが良いでしょう。また、活用にあたっては、自社のホームページや顧客リストへのメールマガジンで、フラッシュマーケティングの告知を行います。顧客リストからの集客については、新規客である友人と一緒に来店することを条件にするなどの工夫をすれば、新規顧客の獲得が可能になります。なお、フラッシュマーケティングの実施当初は、リアルタイムに現在の集客数などをホームページに表示することは難しいと思いますので、1時間に1回程度表示することができれば、充分です。

【フラッシュマーケティング活用の留意点】

この手法での顧客開拓を連発しないことです。顧客を獲得したいがゆえに、格安クーポンを多く販売してしまうと、ターゲットとする人がその金額に慣れてしまい、通常価格での来店をしてくれなくなってしまうからです。
 また、クーポンの魅力を損なわない程度の制限(たとえば、稼ぎ時の土日をのぞくなど)を付けることも、収益を確保するために必要です。

【最後に】

マーケティングの手法は日々進化し、次々に新しい手法が出てきています。情報収集を積極的に行い、自店にとって最適な手法が選択できるよう体制を整えていきましょう。

回答者中小企業診断士 山岸 智也

関連情報

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ