本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0614.NC(数値制御)工作機械導入のポイントを教えてください。
当社は手作りで精密部品を製造しています。昨今、コストダウンの要求が激しく、さらなる機械化を模索しています。そこで、NC工作機械導入のポイントについて教えてください。

NC工作機械を導入することによって、さまざまな生産上の要請に応えることが可能となります。しかし、導入さえすれば事足りると考えられがちですが、現実には使う側の事情によって、機械を充分に活用できていないケースが散見されます。導入検討には、とくに使用するヒトの技術向上が不可欠となります。

Q06142016年3月 8日

テーマ:製造・設備

【NC工作機械導入の利点】

中小製造業での工作機械のNC化率は依然として増加しています。これはNC工作機械が、下図のような生産上の要請に応えているからだといえます。

図1 NC工作機のメリット

図1 NC工作機のメリット

また、さまざまな要請に対応しているNC工作機械には、下図のような特徴があります。

図2 NC工作機の特徴

図2 NC工作機の特徴

【導入の留意点】

NC工作機械には前述のような利点があるため、導入さえすれば事足りると考えられがちです。しかし、現実には、次のような要因をかかえて充分活かしきっていないケースが多く見られます。

1.加工技術の不足

加工の基本ノウハウは、NC工作機械でも汎用機でも同じです。加工品質や生産性は、NC工作機械ではなくて、加工基本ノウハウに左右されるウエイトの方が高いといえます。したがって、治工具などの選定・設計ノウハウの向上に努める必要があります。

2.プログラミング能力の不足

NC言語の理解不足のために、NC工作機械メーカーが供給したプログラムを改善せずに使っている場合があります。作業者へのプログラミング教育やプログラマーの養成を行い、自在にプログラミングができる人を確保する必要があります。

高価なNC工作機械を充分に活用するためには、ぜひ、社内の技術ノウハウの向上やスキルアップが必要だということを認識してください。

回答者中小企業診断士 高橋 順一

関連情報

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ