本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0571.新しい事業を始めたところ、周囲の方からビジネスマッチングの場を活用すべきとのアドバイスをもらいました。ビジネスマッチングとはどういうものなのでしょうか?また、効果的にマッチングを行う方法について教えてください。


Q05712008年11月 4日

テーマ:

A.『ビジネスマッチング』とは、(資金や人材、製造先・販売先等の取引先といった)自社の不足資源を得るための"お見合いの場"のようなものと言えます。知名度が低く経営資源に乏しい中小企業者が、自社の行っている事業を紹介したり不足資源を得るために、きわめて有効な"場"と考えられています。国や自治体、公的支援機関等が主催しているものが多いようですが、民間団体開催のケースも見られます。

マッチングの場は、ブースを構えて製品・商品の展示を行う「展示会」タイプのものと、事業計画の発表を通じて不足資源の提供を呼び掛ける「プレゼンテーション」タイプのものとに大別できます。

「展示会」の中には、3万人以上の来場者が期待できる大規模なものもあり、展示を通じて自社の製・商品を広く知ってもらう場としての活用が期待されます。

一方、「プレゼンテーション」では、サポート機関や経営資源を持つ企業・人に対し、自社の事業計画について説明を行い、資金や人材、製造先・販売先等を得ようとする場で、「展示会」と比べると規模は小さくなりますが、必要な対象にピンポイントでメッセージを伝えることができる点が有効です。

目的によって適切なマッチングの場を使い分けますが、(1)マッチングの目的を明確に持つとともに、(コンタクト企業数や販売額といった)目標を定めて参加する(2)理解してもらうことを第一に考え、わかるやすい表現・言葉で展示や説明を行う(3)「展示会」ではストーリーや動きを持たせたインパクトのある展示を目指す(4)「プレゼンテーション」では、聞き手が自社やその商品のどのような点に関心を持っているのかを考慮しニーズに合わせた説明を行う(5)アフターフォローを的確に準備・実施する―などといった点を考慮して準備を行うことで、大きなマッチング成果が期待できます。

[中小企業振興掲載日]2008年11月1日

回答者中小機構九州 松尾 靖彦

関連情報

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ