本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0425.アフィリエイトとは何ですか?
コーヒー豆専門店を経営しています。ネットショップも運営しているのですが、販売促進にアフィリエイトが有効だと聞きました。どのような仕組みのものなのでしょうか?

アフィリエイトとはさまざまなWebサイトで自社の宣伝をしてもらい、その見返りに紹介料を支払うというものです。新規顧客の開拓には有効な手段ですので、戦略的に活用することにより、売上向上が期待できます。

Q04252016年3月 9日

テーマ:インターネット一般

アフィリエイトとは、さまざまなWebサイトやメールマガジンに企業サイトへのリンクをはって、ユーザーがそこを経由して商品やサービスを購入すると、Webサイトやメールマガジンの管理者に報酬が支払われるというシステムのことを指します(図1)。

図1 アフェリエイト関連図
図1 アフェリエイト関連図

Webサイトの管理者にとっては、自分のホームページに広告を貼り付けるだけで紹介料を受け取ることができますので、気軽に始める人が増えています。

広告を出す企業にとっても、成功報酬での支払いが原則になりますので、売れた分だけ紹介料を支払えばよいことになります。広告料を固定で支払うバナー広告などに比べて、費用対効果の高い広告が行えるというメリットがあります。

アフィリエイトのよいところは、新規顧客の開拓にとても効果があるという点です。日本中(時には世界中)のWebサイトに自社サイトのリンクが張られるわけです。いままでは興味をもっていなかった、あるいは商品には興味があるが御社のサイトを知らなかった人たちがアクセスをしてくれる入口になるわけです。上手に活用すれば、決められた予算の中で、新規顧客を獲得することが可能になります。

アフィリエイトで成果をあげるためには、紹介料率の設定に留意する必要があります。

御社のようにアフィリエイトの仕組みを自社でもっていない場合は、アフィリエイト機能の提供や代理店機能を果たすアフィリエイト業者を通じて、広告を出すことになります。

おのおののWebサイトの管理者は、アフィリエイト業者が紹介するさまざまな企業の広告のなかから、自分のサイトの訪問者が買いそうな商材を見つけ、契約をすることになります。このときに、紹介料の金額(あるいは料率)がWebサイトの管理者が広告を選ぶうえで、重要な要因になってきます。

つまり紹介料を低く設定してしまうと、Webサイトの管理者にとって魅力のない広告ということになってしまい、紹介してくれるサイトが少なくなってしまうということです。かといって、むやみに料率を上げてしまうと、当然利益率が悪くなってしまいます。いろいろと試してみて、もっとも効果のある料率を設定するようにしましょう。

アフィリエイトは、新規顧客獲得に効果のある手法ですが、紹介料を支払わなければならないことを忘れてはいけません。一定期間だけアフィリエイトで新規顧客を集めて固定客化するという戦略の一手法として利用していくと、費用対効果もより向上していきます。

アフィリエイトをうまく活用して、ネットショップの売上向上を実現してください。

回答者中小企業診断士 遠藤 康浩

関連情報

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ