本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  ビジネスQ&A

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

Q0098.チャレンジショップをつくって起業する場合の注意点とは?
起業をするためのノウハウなどを事前に学びたいと思っていたところ、商店街にチャレンジショップをつくる制度があると聞きました。ぜひ、起業をする準備として、チャレンジショップを開店して経営のノウハウを学ぼうと思うのですが、チャレンジショップをつくるときの注意点を教えてください。

何事に共通することですが、まず、第1に真剣に取り組む気構えが必要です。よって、通常の経営者と何らかわらず、仕入管理をしっかりし、顧客ニーズを汲み取って店舗や品揃えを工夫することが必要です。また、商店街や商工会などの主催者の意見をよく聞きましょう。

Q00982016年2月24日

テーマ:業種

チャレンジショップは、これから新たに物販店舗を開業したり、サービス業を起業しようとしたりする人々に対して、空店舗や空事務所を安価に提供し、運営ノウハウなどの支援を行うもので、商店街の活性化、起業家の育成などを目的として、全国でこの試みが実施されています。

地元でこのような取り組みがあるかどうか、商工会議所、商工会、役所の商工課などに聞いてみるとよいと思います。そのような取り組みがない場合は、商工会議所、商店街などの事務局で短期入居が可能な空き店舗、空きオフィスの情報を集めます。

チャレンジショップは主催者から一定の条件で募集があり、それに応募することから始まります。通常は開業期間、業種、テナント賃料などの条件が指定されています。将来の開業に向けてチャレンジショップを開業する場合の一般的な注意点をあげてみます。

【真剣に取り組む】

チャレンジショップは、これから起業する人が体験をし、ノウハウを得るためのものですので、バザーとは違います。将来に事業として成立するかどうかを見極める準備期間なのです。仕入れ、支払い、販売促進そのほかすべて自分で体験してみることが必要です。

【仕入・支払はきちんと処理する】

仕入、販売などの会計処理はきちんと証拠書類をとり、記録します。そうすることにより、一定期間内の仕入原価、営業利益などの基礎データが把握できます。アルバイトなど、人を雇い入れる場合も労働条件や賃金はきちんと取り決めます。

【よく観察する】

店舗の場合は、業種が違っていても繁盛店をよく観察したり、お客さまをよく観察することにより、顧客のニーズをつかんだり、今後新規開業するためのヒントにもつながります。

【よく聞く】

疑問点や分からない点は、商工会議所、商工会などの主催者、近隣の商店などのアドバイスをできるだけ受けるようにします。また、都道府県等中小企業支援センターにおいて、専門家による無料相談があるので、積極的に活用してください。

【工夫する】

初めは知り合いや親族に購入してもらったり、来店客も多いのですが、それでうまくいくと判断してはいけません。店頭のPOP(広告展示)や接客方法、チラシ、品揃えなどの工夫をすることにより、どうすればお客さまに買っていただけるのか実感することが重要です。

【顧客のニーズを原点とする】

これまでの顧客としての視点、生活者の経験を活かすようにします。たとえば、家庭料理の味をポイントにした惣菜のチャレンジショップで成功した例があります。

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

無料相談のお問い合わせ

電話で無料相談
頑張る中小企業「経営相談ホットライン」
TEL:0570-009111

メールでの相談無料
メール相談

このページの先頭へ

このページの先頭へ