本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 動画で見る企業事例 企業未来!チャレンジ21

動画で見る企業事例 企業未来!チャレンジ21


地域ブランドで活性化 鞄産地の再生策

企業名 兵庫県鞄工業組合
所在地 兵庫県豊岡市
放送日 2006年3月23日

日本一の鞄の産地として名高い兵庫県豊岡市は、かつて全国の7から8割の生産量を誇っていた。しかし、円高や安い輸入製品に押され生産量が半分以下に減退。この地域産業を守ろうと、兵庫県鞄工業組合(兵庫県豊岡市、高島茂広理事長)は、地域と協調して「豊岡鞄」のブランド化を目指した。併せて、商標法の改正により、地域名と商品名を組み合わせた商標が登録できるようになることから、その登録にも取り組んでいる。だが、地域ブランドの構築には様々な難問があり、「組合だけではだめだ」と痛感。理事長は中小機構の地域ブランドアドバイザー派遣制度の活用に踏み切った。初めは「ブランド」という言葉の整理から始め、今では組合員の意識も一つに纏まったという。番組では、衰退する鞄産地が地域ブランドの確立によって、地域産業を再生し、地域の活力を取り戻そうとする姿を紹介する。

地域ブランドアドバイザー派遣制度とは?
地域経済の活性化を図るため、地域の特性を活かした商品の開発や、新たなサービスを創出し、地域ブランドとして確立していく事業を支援する制度で、市町村、商工会、商工会議所等と連携し、地域内において協調して地域ブランドづくりに取組む団体(主として 中小企業者で構成される団体)に対し、専門知識を有する『地域ブランドアドバイザー』を派遣し、適切なアドバイスを行います。詳しくは、中小機構「地域ブランドアドバイザー派遣事業」のページをご覧ください。

掲載日:2006年3月23日

前の記事次の記事

インターネット限定新作ムービーブランド戦略団体・組合業近畿


このページの先頭へ