本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

トップページ  >  経営をよくする  >  法律コラム

特集一覧 中小企業に役立つ記事や施策をトピックスごとにまとめています。

競業行為とは何か(2)退職後の競業行為

テーマ:解雇・退職

2011年11月24日

解説者

弁護士 高橋弘泰

 今回は、前回のコラムに引き続き、競業行為及び競業避止義務について説明します。今回は、退職した後の取締役や従業員の競業行為についてです。


【競業禁止特約】

 会社を退職した取締役や従業員には、職業選択の自由がありますから、競業行為は原則として自由だといえます。しかし、会社としては、元社員や元役員が退職後に競業他社に入社してこれまでのノウハウを活用して顧客を集めたり、自ら競合する会社を立ち上げるなどして顧客を奪われる危険性があります。そういう場合に備えて、在職中に競業禁止特約が結ばれる場合があります。


 特約といっても、退職する職員の活動を無制限に拘束することはできません。競業禁止があまりに広範囲に及んだり、合理性を欠くと判断される場合には、公序良俗に反して無効とされます(民法90条)。


 特約が有効とされる基準としては、(1)会社側に正当な利益のあること、(2)競業避止義務を課される側である従業員の地位や職務内容、(3)競業が禁止される期間、地域、対象職種が従業員の活動の不当な制限とならないこと、(4)代償措置が設けられていること、などがあります。


 単純作業をする労働者については、会社が保有する独自のノウハウが業務に含まれていないことから、特約による競業の禁止の必要性が認められないと考えられます。また、秘密保持義務を課することで足りるようなノウハウの保護については、特約により競業を禁止するほどの必要性がないともいえます。従業員が就業中に得た日常業務に関する知識、経験、技能についても競業禁止特約の対象にならないとされます。 また、この特約は入社時に結ぶと退職後に忘れてしまう可能性があるので、退職時に結ぶことが望ましいといえます。


【裁判例】

 競業避止特約が問題となった裁判例として有名なものに、東京リーガルマインド事件(東京地裁平成7年10月16日決定)があります。この事件は、司法試験予備校の看板講師であった人物が新たに自らの予備校を設立し、受験指導を行ったのですが、会社(予備校)がこれに対して、競業避止義務を定めた就業規則に基づき、新設予備校の営業等の差し止めを求めたというものです。裁判においては、退職に先立って彼が会社(予備校)との間で結んだ、退任後2年間の競業避止義務を定める特約の有効性が問題になりました。


 裁判所は、この特約を公序良俗に反して無効であると判断しました。その理由は、(1)職務との関係で競業行為を禁止することの合理的な理由が明らかでないこと、(2競業行為が禁止される場所の制限が設けられていないなど、目的達成のために取られている禁止措置の内容が必要最小限といえないこと、(3)競業避止義務の代償措置として支払われた退職金が不十分であること、などが挙げられています。


【代償措置】

 上記の裁判例からも分かるとおり、競業禁止特約の有効性の判断にあたっては代償措置の有無や程度も問題となります。特約は従業員や取締役の退職後の競業の自由を制約するものであることから、代償措置として相応の対価が要求されると一般に解されています。


 具体的には、上記の東京リーガルマインド事件では、退職した講師が受け取った退職金1,000万円は、看板講師としてそれまで会社に貢献していた度合いの高さからすれば少なすぎるとされました。また別の事件で、月額4,000円の秘密保持手当を支払われていたケースで、不十分とされた裁判例があります。


 もっとも金額については一律な基準があるわけではなく、元従業員の社内での地位(幹部であったかどうか)や競業禁止が課せられる範囲、禁止期間、制限の内容によっても変わってくるといえます。代償措置については、特約締結の際に、会社が在職中に取締役や従業員と十分に協議しておくことが望ましいといえるでしょう。


氏名:高橋弘泰

生年:1970年生

弁護士登録年・弁護士会:
2009年弁護士登録、第二東京弁護士会所属

学歴:
1994年東京大学法学部卒業

得意分野等:
東京都に勤務の後、大宮法科大学院に入学し、法曹を目指す。行政事件、刑事事件など公益的な活動に力を入れる一方、民事分野でも敷居が低く利用しやすいと同時に、内容的には決して妥協しない良質な法的サービスの提供に努めていきたいと思います。

所属事務所:
法律事務所フロンティア・ロー http://frontier-omiya.jp/index.html

同テーマの記事を見る 3つのコンテンツから検索ができます!

このページの先頭へ

このページの先頭へ