本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 人材活用の決め手

人材活用の決め手 中小企業の大きな経営資源である人材について採用から育成までのポイントをわかりやすく紹介します。


人づくり応援 −事業を支える人材育成−

職場の健康管理基礎講座

最終回:産業医の選任

職場の健康管理基礎講座 最終回:産業医の選任

常時50人以上の社員を使用する事業場については、産業医を選任し、社員の健康管理等を行なう義務があります。
具体的に産業医が行うことは、以下のようなものになります。

  • 毎月の衛生委員会等への出席
  • 毎月1回の職場巡視
  • 過重労働者等社員との面談
  • 会社への助言、社員に対する健康教育
  • 定期健康診断結果報告書への記名押印又は署名

等々。

さて、いよいよ産業医を選任しようとする多くの中小・ベンチャー企業にとって、思いのほかこれが簡単ではないものです。その原因の1つが、近年のメンタルヘルス不調者の増加傾向です。ほとんどの場合、産業医にはフィジカルはもちろん、むしろそれ以上にメンタルヘルスへの対応を期待します。またそれが実態に合っているでしょう。 さらに都合のよいことに、社内のルールづくりや不調者自身の主治医との情報連携まで期待してしまいがちですが、これらすべてを兼ね揃えた産業医は稀です。結局、ある程度特徴と役割を絞ることになります。
 産業医には主に次のようなタイプがいると整理してみると、アプローチしやすいかもしれません。

  • 内科等が専門で本業。産業医も可能な範囲で兼ねており、メンタルヘルスについても積極的に勉強し、自ら対応してくれるタイプ。現実的にはこのタイプが一番多い
  • 産業医の専門家。産業医実務全般を任せられるが数は少ない
  • 大学病院やEAP(Employee Assistance Program)等に籍を置く。その人脈と提携関係を存分に活かし、各専門家へのリファー(紹介)を得意・特徴とする

他にも精神科医や心療内科医で産業医を引き受けているケースもあります。

また、契約のタイプも、常勤と非常勤、雇用関係と嘱託・業務委託契約等があります。中小・ベンチャー企業では多くの場合が、業務委託契約で月に一度、数時間の勤務を依頼するようなパターンでしょう。まずはそれで十分かと思います。

では、そもそもどういうルート、アプローチで産業医を探せばよいのでしょうか。知り合いや取引先ですでに産業医を置いている会社から紹介を受けるという「ツテ」が多く、実際にそれが一番効果的で効率的です。
 ただ、適当なツテがない場合もありますので、その場合には例えば地域産業保険センターや産業保健推進センター等の公的機関に相談してみるのも1つです。

また昨今では、産業医の人材紹介や業務委託にて周辺実務サービスを一体的に提供する業者も増えてきています。
 そして人事や人材関連で出入りしているエージェントやコンサルタント、あるいは他社で知っている人事部門等にまず相談してみるのもよいでしょう。意外になんらかの情報やルートを持っているものです。

いずれかの方法で候補者に辿り着いたら、契約を結ぶ前に必ず直接会ってゆっくり話しましょう。理屈や理想に偏り過ぎていないか、企業経営の実態についてあまりに理解がなさ過ぎはしないか、誠実な対応をしてくれそうか、社員が心を開いて話しをできそうなタイプかなど、会社の健康管理の基礎を築くいわば唯一の専門家、頼りどころです。それだけに、いわゆる「相性」は重要です。産業医に恵まれると会社の健康管理、職場環境は非常に安定します。よって妥協はせず、信頼のおける医師を産業医に置き、コミュニケーションを活発に図り、自社の未来への礎を築いていってください。

掲載日:2013年3月11日


このページの先頭へ