本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 人材活用の決め手

人材活用の決め手 中小企業の大きな経営資源である人材について採用から育成までのポイントをわかりやすく紹介します。


人づくり応援 −事業を支える人材育成−

外部資源活用講座

第2回:人材採用も外部資源を活用する

優秀な人材を確保すること、それは今も昔も中小・ベンチャー企業の経営者、人事担当者の頭を悩ます最も重要で難しい問題です。いうまでもなく学卒の新入社員の採用はハードルが高く、また、受け入れ態勢も整いません。そのため、どうしても即戦力の中途採用に頼りがちになりますがこれもリスクを伴います。

経歴豊かな人材を部長格で採用したものの、経営リソースの限られた中小・ベンチャー企業ではその力を発揮できずに終るケースや、社内の人間関係に失敗する例は数え切れません。あるいは、ほんの数年の活躍の後に、またも大企業へ「ステップアップ」されてしまったという笑えない話もよく聞きます。

このような人材のミスマッチのリスクを抑え、採用担当部門の業務を効率化するにはやはり外部資源の有効活用がポイントになります。

例えば、採用候補者の母集団をどう形成するか。無名の中小企業が「~ナビ」といった就職情報サイトにとりあえず掲載すれば、それでいいのでしょうか。これも必ずしも正くありません。

100人の応募があったが1人も採用に至らなかった、などという例をよく聞きます。なぜか。それは会社の特徴や風土、職務内容、欲しいスキルによって適切な媒体がそれぞれ違うからです。昨今はSNSも盛んです。それらの違いを貴社の人事担当者は心得ていますでしょうか?

採用広告費や面接にかかった人件費等をコストに換算すれば、人材紹介会社に支払う成功報酬のほうがよほどお得だったという失敗ももはや定番といえるかもしれません。例えば、採用コンサルタント等のプロに相談していれば、違う結果になっていたということもあるでしょう。選考プロセスも同様に、経験と勘だけで面接するのではなく、適性検査など外部基準でフィルタリングをしておくことも検討すべきでしょう。

新戦力の採用は企業の業績に直結します。時には致命的な失敗を負うこともあります。外部の知恵を積極的に活用し、次代への基盤を固めましょう。

掲載日:2012年4月23日


このページの先頭へ