本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 人材活用の決め手

人材活用の決め手 中小企業の大きな経営資源である人材について採用から育成までのポイントをわかりやすく紹介します。


人づくり応援 −事業を支える人材育成−

メンタルヘルス対策講座

第4回:その他の仕組みづくり

本連載の第2回および第3回では、中小・ベンチャー企業のメンタルヘルス対策の第一歩として、最低限のルールづくりと管理職教育という面から「ラインケア」「セルフケア」のポイントを学びました。しかし、メンタルヘルス対策は短期間で目に見える成果を期待できるものではありません。したがって、経営者がその重要性を十分に認識し、本質的かつ不断の対策を施すことが重要です。
 また、労働時間の適正化や円滑なコミュニケーションが常態化されるための仕組みづくりも必要です。例えば、評価フィードバックや連絡に限定せず生活環境やライフプランなども話すような個人面談の場を定期的に設けるなどの機会づくりも大切です。より家族的なコミュニケーションが、中小・ベンチャー企業ならではの特徴を活かす有効な施策となると考えられます。

また一方で、必要に応じて外部資源(サービス・機関)を有効に活用する準備があればより安心です。一般に、メンタルヘルスケアでは、「Iセルフケア」「IIラインケア」「II事業場内産業保健スタッフによるケア」「IV事業場外資源によるケア」の「4つのケア」が有機的に連携すべきとされています。

メンタルヘルスケア 4つのケア

しかし、中小・ベンチャー企業にとって、「III事業場内産業保健スタッフによるケア」と「IV事業場外資源によるケア」を充実させることは困難です。特に「III事業場内産業保健スタッフによるケア」の自社事業場に保健関係スタッフを配置するということは非現実的でもあり、経営効率に鑑みても必ずしも得策ではありません。
 そこで検討すべきは、外部資源の有効活用です。多くのメンタルヘルス関連サービスの提供者は、大手企業に適したサービスとなっているのが現状ですが、中には中小事業者向けのサービスもあります。発生単位でのリーズナブルなサービス受託が可能であるものや、セカンドオピニオンに特化したサービス、あるいは公的機関のサービスや助成も含め、自社に適した外部資源を検討してみてはいかがでしょうか。

掲載日:2011年5月16日


このページの先頭へ