本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 人材活用の決め手

人材活用の決め手 中小企業の大きな経営資源である人材について採用から育成までのポイントをわかりやすく紹介します。


人づくり応援 −事業を支える人材育成−

パート戦力化講座

第4回:パートタイマー人材活用のための仕組みづくり

厚生労働省が発表した「平成18年パートタイム労働者総合実態調査結果」によると、300人未満の企業で従業員の2-3割がパート労働者となっています。
 以下では、パートタイマーの雇用管理を正しく行い、戦力化するための「人事システム」のあり方について述べます。

1.パートタイマー戦力化の考え方

(1)いろいろな人が働いていることへの認識

みなさんの会社ではいまだに「パートタイマー=単純定型作業従事者」との認識が根強く残っていませんか。パートタイマーとひと口に言っても、実際にはいろいろな人がいます。例えば、パートタイマーで採用した人でも、長時間労働が可能で、勤務時間にも制限がなければフルタイマーの契約社員に、さらに能力があれば社員に登用できるのではないでしょうか。
 身分制度的な雇用区分の認識を見直し、「社員とパートタイマーの垣根を除く」考えが戦力化への第一歩となります。

【パートタイマーの戦力化の概念】
【パートタイマーの戦力化の概念】

(2)人事システムの整備

パートタイマーの戦力化は、すぐには実現できません。具体的には「資格体系」「評価体系」「報酬体系」といった「人事システム」を整備し、戦力化のためのインフラづくりが重要です。

a.契約区分の概念

前述のとおり、全雇用区分の認識を見直すためには、社員を「勤務形態の柔軟性(フルタイム←→パートタイム)」と「働き方の柔軟性(職種転換/転居不可←→職種転換/転居可)」の2つの条件で整理し、労働者がそのライフステージの変化に合わせて働き方を選べる仕組みが必要です。それにより、結婚・出産等で退職するしかなかった社員の継続雇用も可能となり、人材流出が回避できます。

【「契約条件」による労働者区分の整理】
【「契約条件」による労働者区分の整理】

b.資格体系の整備

2006年施行のパートタイム労働法を受け、パートタイマーを正社員に登用する制度を導入する企業が増えています。しかし、ただ単純にパートタイマーを正社員にするのではなく、待遇改善も合わせ、中長期的に正社員登用制度を導入することが必要です。
 その手段として、全雇用区分共通の資格体系が有効です。全雇用区分共通の資格体系は、雇用区分ごとに仕事のレベルに応じて数段階のレベル(資格)が設定され、一部は全雇用区分での同一のレベル(難易度)付けがされています。
 このような仕組みを持つことで、例えば、社員が結婚・出産等でフルタイマー勤務ができなくなれば、同レベルのパートタイマーに移ったり、子供が成長して手が掛からなくなれば、同レベルのフルタイマー契約社員へ戻ったりすることが可能となります。

【資格制度の構築例】
【資格制度の構築例】

c.評価体系の整備

評価については、資格ごとにどのような仕事のレベルや行動が求められているかを明確にするため、評価基準を設定します。具体的には「接客レベル」「商品知識」「売場管理」といった作業ごとに仕事のレベルをマニュアル化して資格ごとにまとめ、チェックリスト形式の評価表に展開することで、仕事と待遇との関係が明確になり(「○○○が出来れば、時間給が○○円上がる」)、戦力化がより促進されます。

【評価体系の構築イメージ】
【評価体系の構築イメージ】

d.報酬体系の整備

報酬体系は、雇用区分ごとに現在の賃金体系を「相場」「仕事」「成果」の3要素に分けて社員の月給・年俸等も一旦時間給に置き換えた上で、雇用区分・レベルごとに水準比較を行い、賃金テーブルを設定することで、雇用区分横断的な報酬体系が実現します。
 パートタイマーの戦力化を特に意識するならば、報酬額を大幅にアップダウンさせるより、評価の結果で小刻みに昇給させる報酬体系が有効です。また、主婦については、税制の関係から年収調整が必要な場合が多いため、個別に年収管理を行う必要があります。

2.まとめ

以上、パートタイマーの戦力化を図るために「人事システム」を整備する視点から述べてきましたが、最後にパートタイマーのマネジメントにより戦力化に成功している企業の共通点を述べてみたいと思います。

(1)パートタイマーに厳しく接している

a.パートだから、という甘やかしがない
  b.普段から厳しくしているから問題が起こりにくい

(2)入口・出口・契約更改の場での、評価をきっちりと実施している

a.社員よりも評価に手間をかけている
  b.パートタイマーに、評価される意識を定着させている

(3)パートタイマーへの質の高い雇用管理を実現している
(4)現場がきっちり運用されている

a.パートタイマーのマネジメントがマニュアル化されている

結局は、日々の手間を惜しまないマネジメントこそが、パートタイマーの戦力化のために最も重要といえます。

掲載日:2010年11月 8日


このページの先頭へ