本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 人材活用の決め手

人材活用の決め手 中小企業の大きな経営資源である人材について採用から育成までのポイントをわかりやすく紹介します。


人づくり応援 −事業を支える人材育成−

仕事力強化講座

第3回:メンタルタフネスの強化

現在、うつ病に代表される「心の病」になっている労働者は全体の2~3%であるといわれており、「心の病」は珍しい病気ではなくなっています。前回は部下や後輩のスキル・キャリア開発をどのように図っていくのか、その方法について述べましたが、今回はリーダーとして部下や後輩の「メンタルタフネス」を図っていくには、どのような点に注意すべきかについて述べます。

1.ストレスと「心の病」について

ストレス(心身に負荷を掛けるもの)というと良くないもの、悪いものと考え勝ちですが、「ストレスは人生のスパイス」との言葉もあるように、仕事上の適度なストレス(緊張感等)はむしろ必要なものであるといえます。しかしストレスが過大になると、それが原因で通常の社会生活が送れなくなってしまう状態になります。これがいわゆる「心の病」です。

以前は心の病が発生する原因の多くは、本人の「心の折れやすさ(ストレス耐性)」にあるといわれていましたが、最近ではストレスそのものが過大に生じないように注意することが労務管理上重視されています。

<ストレスの原因(緑色)とストレス反応の関係>
ストレスの原因(緑色)とストレス反応の関係

※ストレス反応が大きくなり社会生活を阻害する状態=「心の病」

また厚生労働省の調査によると、仕事や職業生活でのストレスの原因は「職場での人間関係」「仕事の質(難しさ)」「仕事の量」が多い結果となっていますが、この背景にはパートタイマーや派遣社員などの非正規労働者の増加や、ITなどによる技術革新の影響で仕事に求められる能力・知識が早いスピードで変化していくなどの社会的な変化があると考えられます。

<仕事・職業生活でのストレスの原因>赤字:前回より増加
仕事・職業生活でのストレスの原因

2.部下や後輩の「心の病のシグナル」を感じたら

社員の心の病は、職場の上司や同僚が最初に気付くことが多いといわれています。したがって、職場のリーダーには部下や後輩の普段の職場での行動から、心理的ストレス反応(イライラ感、疲労感、不安感、抑うつ感など)や身体的ストレス反応(めまい、頭痛、腰痛、動悸、不眠など)が本人にあらわれていないか注意深く見守り、問題があると判断される場合には改善のための行動を速やかに取ることが求められています(特に2週間以上継続して異常が認められる場合は要注意です)。

<「心の病」のシグナルとなる行動例>
「心の病」のシグナルとなる行動例
(1)業務遂行や職場管理上問題があると判断される場合

心の病は早期発見が早期回復につながります。すでに業務遂行や職場管理上問題があると判断させる場合には、会社の産業医や保健師等と連絡を取りながら、専門医の診断を速やかに受けるように本人に指示します。

(2)問題はないが、今までと異なった本人の変化を感じた場合

本人が抱えているストレスの原因を特定し、その軽減を図ることで心の病を予防する、または悪化を防ぐ必要があります。具体的には、何か変化があった部下には、そのまま放置せずに「仕事の調子はどう?」などとさりげなく声を掛けて、ストレスの原因が「職場環境」「現職適性」「対人関係」「生活環境」などのうち、どこにあるかを探っていきます。

また、通常以上のストレスが掛かっていても、本人が精神的に頼れる人・きちんと相談に乗ってくれる人がいれば心の病を回避できる場合もあります。

職場のリーダーには部下や後輩の悩みを積極的に傾聴し受け止めながら、最も適した解決策を一緒に考えていく姿勢が求められます。

3.部下や後輩の「心の健康」を図るには

前述の通り、仕事・職業生活でのストレスの原因として「人間関係」を挙げる人が多くなっていますが、「人間関係」の悩みの大半は、職場でのコミュニケーションがうまく行っていないことが原因として考えられます。職場でのコミュニケーションとは、単に会話の量を増やすことではなく、お互いに信頼関係を構築し何でも話し合えるようになることが重要です。

上述を米国の心理学者であるジョセフ・ルフトとハリー・インガムが考案した「ジョハリの窓」という概念で説明すると、コミュニケーションを通じて、自分が知っている相手の情報を教えたり(隠蔽→開放)、自分が知らない相手の情報を教えてもらう(盲点→開放)ことで、自分と相手がともに知っている部分を大きくすることができ、相互に自由に話し合えるようになります。

職場のコミュニケーションがうまく行っていないと感じているようでしたら、まずはリーダーが部下や後輩とよりオープンに接するよう心がけるべきでしょう。

<「ジョハリの窓」による4つの領域の概念>
「ジョハリの窓」による4つの領域の概念
掲載日:2010年11月 1日


このページの先頭へ